コンサルの言うパクリ対策はあてにならない

どんなビジネスにもいえることですが、とりわけ、コンテンツビジネスでは神経質になることが多いのが程度の低い同業者によるパクリ被害です。

あなたが、たくさんのお金、たくさんの時間を掛けて作り出した商品を、なんの苦労もなくマネをして稼ぐ不届き者がいるわけです。当然、まじめに商売をしている身としては、おもしろくないでしょう。

ともあれ、こういった事態に対し、現在の日本の法律は抑止効果があるとはいえない状況です。罪と罰のバランスが悪すぎて、やったもの勝ちみたいになっているのです。それこそ、法的措置をとったところで、いくぶんかの損害賠償は取ることができますが、対応するために要した時間的コストに見合うそれは得られません。

では、なぜこのような状況なのか。それは、著作権侵害に対する法律が、時代に即していないからです。現行法が制定されたのは、誰もが気軽に発信できる今のような時代が来ることが、まったく予想だにできなかった大昔。当時は、一部の専門家がその威信をかけて、誇りを持って発信をしていたわけです。すなわち、安易に他者の発信を模倣するような行為は、自身の権威性を大きく損なう社会的リスクがあったのです。だからこそ、法的措置がぬるかったとしても、その社会的制裁の影響の大きさゆえに、抑止効果が発揮されていたのです。ですが、誰もが気軽に発信できる昨今においては、パクリが発覚したところで、社会的制裁を受けたとしてもそれでどうなるというわけでもありません。だからこそ、あのような軽いノリで犯罪行為がおかせてしまうのかもしれません。

さて、こういった現状に対して、海外の大学の偉い教授や、その受け売りを語ってお金もうけをしているコンサルの人たちは、一体どういう対策を提言しているのか。

「商品やサービスを表層的に模倣することはできても
 その背景にあるストーリーまでは模倣できないから
 中長期的には、特に問題が無いといえる」

なるほど!さすが学者様。現実が見えておりません。

確かに、商品やサービスを完成させるまでには、相応の背景、ストーリーがあります。たとえば、私がKindle出版のプロデュースサービスを行っておりますが。これに関しても、出版社を通すと自分の自由な原稿を出せるわけではない、不完全燃焼に終わった著書もある、ただKindleで出版しようにも無料サイトの説明はどれも不十分でわかりづらい、そんないきさつがあってのサービスなわけです。だからこそ、お客さんの共感をよび、今なお好評を博しているわけです。

ただ、これはあくまで、先の理屈を強引に正当化する例をあげただけの話で。

たとえば、家系ラーメン、ご存じですよね。

家系ラーメンはチェーンではなく、のれん分けのため、時に同じ商圏に複数の家系ラーメンが出店していることもあります。ともあれ、「家系」と括られているように、多少の違いはあれ、だいたいが似通った味になっています。吉祥寺のどうくつ家とシンガポールの町田商店(家系ラーメンのお店)で、味は大して変わりありません。

さて、ここで考えていただきたいのですが。

同質商品である家系ラーメンのお店が近くに2店舗あるとして。
一方のお店は「家系ラーメンの味に惚れ込んで、ぜひとも近所の方にも食べて欲しいと思ったから3年間修行してのれん分けをしてもらいました」というストーリーがあって。
もう一方のお店は先にできたお店が繁盛しているのを見た事業投資家が「なんか儲かりそうだから知り合いを修行に行かせてのれん分けをしてもらいました」というだけの場合。

当然共感するのは前者の方だと思います。ただ、前者が繁盛して、後者が閑古鳥状態かというと・・・たぶん、そうはならないわけです。お客さんは、美味しい方(家系ラーメンとしての再現性が高い方)、空いている方、安い方、こういった判断基準で足を運ぶわけですね。ストーリーなんてまったくもって興味関心が無いのです、実は。

というわけで、現実は厳しいと言いますか。結局は、世間が自社がビジネスを行う商品・サービスのカテゴリにおいて、求めるものを提供しているかどうか。それが全てなのです。ストーリーでどうのこうのというのは、何のことはない、幸運による成功をムリヤリ理屈づけただけだったりするのです。

でもって、もうお気づきでしょうが。コンテンツビジネスにおいてパクリや盗用が尽きないのは、結局のところ、コンテンツに対してお金を払うという価値観を持っていない人が、世の中にあまりに多いからなのです。

あなたもご存じのとおり、価値観が一朝一夕で変わると言うことはまずありません。ですから、そのような人たちは、はなから顧客対象から切り捨てるしかないのです。どのような形で価値を提供したとしても、その手の人たちは、無料で、あるいはバーゲンプライスで手に入れるための方法を探すことに躍起になるだけですからね。

正直、おもしろくないと思いますが、一方でどうあがいてもビジネス的な価値交換ができる相手ではないので、最初からお客さんでも何でも無いと考えて存在を無視するのが一番でしょうね。一方で、あなたの提供する価値に対して、ちゃんとお金を支払ってくれる方々。そういった方々との関係強化に、時間とお金を使っていった方が良いでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です