YouTubeとの比較

1件あたりの報酬の安さ、という点では、
Kindle出版と、YouTubeはにているところがあります。

もちろん、Kindle出版の場合は、
それ自体で印税を期待するような性質ではありませんし。

YouTubeに関しても
利用者にお金を支払ってもらうものでもありません。

いずれも、間接的に利益を得るビジネスモデルとなっております。

さて、それでは、
この両者を比較した場合。

果たして、どちらが、
取り組む価値があるといえるのか、
合理的なアプローチといえるのでしょうか。

結論から言うと、
1人ビジネスで展開するなら、Kindle。

ある程度、スタッフを雇用して
外注などを効果的に駆使して仕組み化するなら
YouTubeといった展開が理想的でしょう。

いずれにせよ、このあたりは、
あなたの現状を踏まえて判断するべきです。

まったくスタッフを雇用していない中で、
YouTubeをやるから従業員を雇おうとか、
そういった拡大はしない方が良いです。

なんだかんだ、成功者というのは
ミニマリストが多いですからね。

極力持たない、抱えない、
こういうスタンスは、意識しておかないと、
時間やお金と上手く付き合えません。

ご参考までに。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です