Kindle本執筆の基本ルール

常日頃から、ブログやメルマガで文章を書き慣れている人でも、
案外筆が走らなくなってしまう、
書き出しがうまくいかずに
遅々として執筆がはかどらないということはよくある話です。

事実、私がデビュー作の
「これからの稼ぎの仕組みを作ろう」の執筆依頼をいただいたときも、
最初の1章を書き上げるのに、
実に2ヶ月近い時間を要しました。
ネタ出しをして、サンプル目次を作成して、
それに沿って書いていくつもりだったのですが、
どうも書き出しがスムーズにいかず、
書いては削除し、をくり返してばかりの毎日でした。

それがようやく落ち着いて筆が走り始めたのは、
「いい本を書くぞ」という力みが取れてから。

そう、クオリティにこだわっていたら原稿の期限に間に合わない、
そんなギリギリの状態になって、
クオリティに妥協する意識が芽生えてからでした。

もっとも、結果として、その力みが取れたことで
ご覧のとおりのクオリティの高い自信作を完成させることができたのですが。
紙の本と異なり、
電子書籍の場合は、締め切りが決まっているわけではありません。
それゆえに、力みを無くして、筆を走らせてくれるきっかけになるような、
クオリティへの妥協をするという意識の芽生えが来ない場合が多いのです。

そういった、外部的要因による意識の変化が期待できない以上は、
力みの原因になりうる完璧を求める姿勢、
クオリティへのこだわりを無くそうとするのではなく、
うまくそれと付き合う流れに持っていくのが一番だと考えました。

それにより、私の執筆スピードは飛躍的に高まり、
現在のように、Kindle本を量産できるようになったのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です