Kindle出版は儲からないビジネスだと理解しましょう

あなたが著者になること、
そしてそこで自身の知識や経験について発することは、
非常に社会的に意義のあることだと思っています。

しかし、それでも、著者という仕事は儲かりません。
どれだけ、あなたが熱意を込めて、高潔な精神で取り組んだとしても、
儲かることとは別問題なのです。

残酷な話をしますね。

あなたが、熱意を込めて書き上げた魂の1冊。
その本があなたにもたらす印税収入よりも、
テレビ番組などを違法転載しているインチキYouTuberが
1本の動画から得る収入の方がはるかに儲かります。

10倍以上・・・
もしかしたら、100倍以上にもなるかもしれません。
これが現実です。

もちろんこれは、Youtubeに限った話ではありません。

インターネット上で稼ぐ方法はいくらでもありますが。
面白いと思った本を淡々と紹介するだけの書評ブログ。
これらでさえも、あなたが1冊の本から得られる印税収入よりも、
はるかに多くの収入をもたらしていることでしょう。

そうなのです。
こと、印税収入という点だけで見れば、
出版ほど割に合わない、儲からないビジネスはないのです。
ハッキリいって時間とお金の投資対効果で考えれば、
これ以上ないほどの最低レベルのものだと思ってください。

それでも、取り組んだ方がよいという理由は、
結局のところ単体ではサッパリ儲からないですが、
本を出すことによって得られる権威性が、
他のビジネスと組み合わせた際に、爆発的な利益をもたらしてくれるからなのです。

興行師として莫大な富をなしたバーナムも、
著書「富を築く技術」の中でこのようなことをいっています。

職業の選択をあやまるな。
そして、商売をする場所をあやまるな。

すなわち、自分の知識や経験を発するという職業は様々あるわけですが。
当然、儲けやすい職業もあれば、そうでない職業もあるわけです。

著者という職業だけにこだわるならば、
当然、得られる収入は最低レベルになるわけです。

一方、コーチやコンサルタントとして同じ仕事をするならば、
得られる収入は10倍以上になるわけです。

どちらの方が豊かになれるかは、わざわざ考えるまでもないことですよね。

またコーチやコンサルタントがいくら儲かるからといっても、
日本語がわかる人がほとんどいないような、
外国の田舎町でそれをやろうとしたら、やはり限界があるわけです。

しかし、日本の大都会で
その手のビジネスを展開すれば、集客に苦労することはないでしょう。
それこそインターネットをうまく使うことで、商圏を全国にまで広げることも容易です。

というわけで、著者という肩書きは
ブランディング効果としては抜群ですが。

一方で富を得るための、稼ぐための職業としては極めて効率の悪いものなのです。
だからこそ、あくまで肩書き程度にとどめ、職業にしないこと。
これが大切なのです。

もちろん、あなたが例外的に、
著者という職業においても莫大な富を成せる
選ばれし人間である可能性もあるかもしれません。
事実、その手の著者も世の中には存在します。
ONE PIECEを連載中の尾田栄一郎さん、
ハリーポッターシリーズの著者JKローリングなどなど。
村上春樹さんだって
本を出せば常にミリオンセラーに近い圧倒的な売り上げを得ていますよね。

ただ、自分がその手の例外になり得るというもくろみでの取り組みほど、
事業を破綻させるリスクになるものはありません。

あなたが凡人だと決めつけるつもりはありませんが、
その前提で取り組んだ方が、
出版ビジネスの犠牲者になることなくおいしいく稼ぐことができるので、
やはり私としてはそちらの道を強く推奨します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です