著者に求められる唯一の適性とは

ここまでの流れで、
著者になるのは難しいことではない、特別なことではない、ということは
十分ご理解いただけたと思います。

ただ、そうはいってもやはり、
著者に求められる適性というものも存在しています。
当然、その適性を欠いている人は、著者になることができません。
できません・・・というよりは、
やはり肝心なところで、心のブレーキを踏んでしまい、行動できなくなってしまうのです。

では、その著者に求められる適性とは・・・
これは、たった1つだけしかありませんが、非常に重要なことです。

「インターネット上で他者の悪口を書いたことがない」

知的で聡明なあなたであれば、
こんなことは絶対にやったことはないと思います。
また、その手の連中を冷ややかな目で見ていたのではないでしょうか。

ともあれ、インターネット上で
他者の悪口、批判、誹謗中傷を書いたことのある人は、
基本的に著者に向いていません。

というよりも、著者になるためのあらゆるプロセスで、
心のブレーキが掛かってしまうのです。

なぜか。

それは、そもそもなぜ、
インターネット上で他者の悪口、批判、誹謗中傷を行うのか、ということなのです。

いうまでもなく、その行動に意味があると思っているから、
すなわちその言葉の暴力によって相手が傷つく、
相手にダメージを与えることができると思い込んでいるからです。

しかし、現実はどうかというと。
その手の悪口、批判、誹謗中傷を受ける側の成功者たちは、一切相手にしていません。
というよりも、見ることすらしません。
彼らにとっては、その手の批判者たちの誹謗中傷は、この世に存在しないものなのです。

ともあれ、それにも関わらず、
この手の愚行に意味がある、効果があると思い込んでいるのはなぜか。

それは、やっている本人がそれをやられたら・・・
すなわち、悪口を言われたり、批判されたり、誹謗中傷されたりすることで、大きく傷つくからです。
要は、自分がやられて嫌なこと、困ること、
だから相手にも効果があるだろうという仮説の元での行動なのです。

さて、そこで思い出していただきたいのですが。

前述の通り、著者になることによって、
見ず知らずの他人から、挑戦的な態度を取られたり、
時に批判や誹謗中傷を浴びせられたりすることがあるというお話をしましたよね。

すなわち、常日頃から、
インターネット上で他者の悪口、批判、誹謗中傷を行っている人たちは、
著者になった時にそのダメージをモロに受けることになるのです。

というよりも、容易にその展開が予想できるため、
ビビってしまって筆が走らないのです。

必死の思いで書き上げた原稿をアップロードする勇気がわかないのです。

そして、それらをなんとか乗り越えて、
意を決し発売をしても、
批判や誹謗中傷に打ちのめされて著者活動を継続することが困難な状態になってしまうのです。
それこそ、デリケートな心の持ち主の場合は、精神を病んでしまうこともあるかもしれません。

いずれにせよ、インターネット上で
他者の悪口、批判、誹謗中傷をしている人たちというのは、
それらの効果を過大評価しているのです。
そして、その過大評価ゆえに、
いざ自分にそれが向けられたときに、異常なほどに傷ついてしまうのです。

ともあれ、あなたは
そんなことを常日頃からやっているような、残念な人ではないと思っています。

だからこそ、この適性に関してそれほど心配する必要はありません。

ただ、今後あなたがご自身の経験を踏まえて誰かに指導を行おうとした場合、
相手にその適性があるかを判断する基準になりますので、よく覚えておいた方が良いと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です