文章を書くときは前置き言葉でリズムを整えましょう

本サイトをここまで読んでみて、
おそらくあなたは、私の文章の”あるクセ”に気づいたと思います。

それは「まぁ」「ただ」「ほら」「やっぱり」「でもって」「というのも」「いやまぁ」といった、
前置き言葉をかなり頻繁に盛り込むということです。

これは、話し言葉を意識しているのもあるのですが、
そもそも前置き言葉を入れないと話し言葉らしさが出ないですし、
文章にリズム感が出ないのです。

だから、私自身が会話をするときに良く使う、
この手の前置き言葉をそのまま文章に盛り込んでいるのです。

ともあれ、こういった文章の書き方は、
実はビジネス書では一般的ではありません。
多少、くだけた表現を用いるビジネス書であっても、
編集や校正の段階で手直しをされてしまうことが多いようです。
やはり、本のあるべき形みたいな定義があるんでしょうね。

しかし、私は元々コピーライター寄りの人間なので、
本としての、文章コンテンツとしてのあるべき型をそれほど重視していません。
それよりも、伝わること、読んでもらえること、そちらを重視しているのです。

そして、その際に大切なのは、テンポとリズムです。
でもって、文章にテンポとリズムを盛り込むには、
この前置き言葉がどうしても必要なのです。

前置き言葉を盛り込んでテンポとリズムを調整する感覚は、
常日頃から、ざっくばらんな文章を書くことによって慣れていくのが一番です。
理論として存在することを知っておけば、
あとはブログやFacebookで発信をするときに意識して取り込んでいれば、
自然に身についてきます。メルマガでもいいかもしれません。

ちなみに前置き言葉を盛り込んだ文章は、
素人っぽいイメージを受けるかもしれません。

しかしそれは、一方的な思い込みなので心配は要りません。
読者さんはテンポとリズムが整っていて、
スラスラ読める文章は上手い文章だと感じるものです。

なお、インターネット上のブログやサイトの場合、
この手の前置き言葉を用いているケースはあまり多くありません。

それゆえに、正しい文章は、ウェブライティングのセオリーは、
あのような文章だと勘違いしている人も多いのですが・・・。

実態としては、検索エンジン最適化のために、
あのような文章表現をしているにすぎません。

人間よりも、ロボットに読みやすくしないと検索エンジンでは上位表示されませんからね。
この点は、誤解して悪影響を受けることのないよう、くれぐれもご注意ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です