出版塾に参加すれば出版できるのウソ

出版塾に参加しても、出版できるというのは幻想に過ぎません。

もちろん、確率はゼロではありませんが。
それでも、100人に1人くらいの割合ですので、
成功率は1%程度というのが実際のところです。

そして、あなたが、数いる参加者の中で、
その幸運な1%に選ばれればいいかというと。

先ほどからもお話ししているとおり、
その1%の難関をくぐり抜けて出版にたどり着いたとしても、
ベストセラーやそれに準ずる売り上げを達成し、
1年後も書店に並び続ける本は1000冊に1冊くらいの割合です。

したがって、出版塾に参加して、
なおかつベストセラーになって書店日本が並び続ける確率は、
実に10万分の1という絶望的な確率でしかないのです。

ちなみに、出版塾の参加費は安ければ10万円程度ですが、
相場は50万円から100万円。
高いものになると200万円、300万円というコースも存在します。

高い出版塾の場合は出版社との強固なつながりがあることも多く、
その確率は高くなる傾向にありますが。

それでも100%ではありません。

あと、出版すればそれでOKかというと、
実はそんなに甘くはありません。

どういうことかというと、
出版が決まると、出版社から販促費の捻出を要求されることが多いのです。
少なくとも100万円、
ある程度の部数を刷る場合は500万円程度の広告費を支払う必要があります。

誤解している人が多いのですが、
実は、ほとんど全ての書籍の広告は著者負担です。
ある程度増刷が掛かり、出版社が戦略商品として考えてくれるようになると、
半額負担などのようなケースもあるようですが。

基本的には、全額著者負担で、
それこそ印税ではまかないきれない金額ですので、
それもまた出版に際しての持ち出しになります。

この話があまり表に出てこないのは、
あまりに著者にとって屈辱的な取引条件であること。

そして、それを口外することでなんのメリットもない、
それどころか出版社からオファーが来なくなるというデメリットくらいしかないからでしょう。

そして、この話が本当かを著者に対して事実確認をしたところで、
真相を教えてもらえるとも限りません。

おそらくは見栄を張って
「そういう著者もいるらしいけど、私の場合は、販促費は出版社が負担してくれているよ」と
ウソをつくのではないかと思われます。

というわけで、出版塾経由での出版の実態としては。

まず、出版塾に参加するのに100万円。
そして運良く出版できたらこれまた平均で200~300万円の広告費、ということで。
完全にスムーズにいっても諸経費込みで500万円程度のお金が掛かるのです。

ともあれ、これはあくまで、非常に幸運なケースで。
ほとんど全ての人は、あちらこちらの出版塾に、
何十万円、何百万円というお金を払いながらも、出版できないままで終わります。
最終的にその総額が、
500万円、1000万円に及ぶというケースもめずらしくありません。

いずれにせよ、およそ、儲け話とはほど遠い、
単なる自己満足のための浪費に終わることが多い。
それが、出版を夢見た人たちに突きつけられる現実なのです。

冷静になって考えれば怖い金額です。

普通に会社勤めをしている方の場合、
そのギャンブルをするお金を貯めるのにも、かなりの年月が必要ですからね。

あと、やはり厄介なのは、
出版塾の参加費がなまじ高いだけに、
サンクコスト的な意識が芽生えてしまうことですね。

要は、出版する方法を学ぶために50万円を払ったのだから、
今さらあきらめられない!と考え、
出版できるまでやけになって次から次へと出版塾を渡り歩くとか。

実際私も、いくつかの出版塾をリサーチがてらわたりあるきましたが、
そういった出版塾ジプシーの人をかなり見かけました。

それこそ、他の出版塾で一緒だった方と再会するなんてことも
1度や2度の話ではありませんでした。
(もちろん、相手からしてみたら、私の方こそ出版塾ジプシーに見えたかもしれませんが)

そして、彼らが口をそろえて言うのは
「これだけ勉強したのだから、なんとかして1冊は本を出したい」というものでした。

ただ、本音としては知識を得たこと、経験を積んだことよりも、
大金をつぎ込んだことこそが、引くに引けないだけに見えましたが。

なお、本項の締めとしてショッキングな話を1つ。

私が、これまで参加した出版塾で、名刺交換をした参加者はのべ300名以上にものぼります。
そのうち、実際に出版にたどり着いたのは0名です。

一般的には、100人に1人といわれていますが、
私が名刺交換をした人で著者になった人は、ただの1人もおりません。

これが現実なのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です