ブログを頑張れば出版オファーが来るのウソ

商業出版に憧れる人ならば、
誰もが一度は通る道なのが、ブログ開設からの出版オファー待ちです。

たしかに、人気ブログが書籍化したという話は、
今でこそそれほど多くありませんが、
10年ほど前まではよく耳にしました。

しかし、この展開は、今ではまったく期待できません。
それどころか、あなたがブログに熱心に記事を書くほどに、
著作権を無視して転載や転用をくり返すようなモラルのない連中に、
コンテンツを盗まれるだけなので、
むしろやらない方が良いとさえいえます。

なお、かつて、人気ブログの書籍化が相次いだ理由ですが。
これは、書籍化することによって、
ブログのファンが応援やご祝儀として購入してくれることが多く、
それゆえに一定数の売り上げが期待できたからです。
いうなれば、当時も決して業績が良かったわけではない出版業界でしたが、
その中にあって数少ない勝ち戦ができるアプローチだったのです。

ともあれ、相次いで人気ブログが書籍化していくと、
さすがにそのファンや取り巻きたちも食傷気味になってくるようで。
それゆえに、いつの間にやら売り上げは停滞傾向になり、
いつしかその他の書籍同様に、サッパリ売れなくなってしまったのです。

こういった事情ゆえに、
著者を志す人は、とりあえず・・・といわんばかりにブログを立ち上げるのが一般的ですが。

あいにく、その労力に見合った出版業界からの評価は
得られなくなっているという事実を理解した方がよいでしょう。

ちなみに、ごくごく稀にですが・・・。
「人気ブログが書籍化」という帯を目にすることもあります。

しかしこれは、人気ブログゆえの書籍化というわけではなく。
別のルートからの書籍化された本に、売り文句を付け加えただけに過ぎません。

すなわち、ブログを一生懸命書いていれば出版オファーが来るというのは、
10年前ならまだしも、今となっては都市伝説のようなものなのです。

なお、あらためて強調するまでもないと思いますが。

ブログ以外であっても・・・

たとえば、その発信場所が、何らかのWebサイトだろうが、
Twitterだろうが、FaceboOKだろうが、Google+だろうが、同じことです。

もはや、オンラインの無料メディアを活用して発信したところで、
出版業界があなたを見つけてくれて、
出版のチャンスを提供してくれることはないと理解しておきましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です