ファンの声は聞き流そう

どれだけ好意的な意見であったとしても、ファンの声は無視しましょう。

言葉は悪いかもしれませんが、
どれだけ熱烈なファンレターや賞賛のメッセージを受け取ったとしても、
適当に受け流すというのが理想的なスタンスです。

というよりも、批判や誹謗中傷よりも、賞賛の方が付き合い方が難しく、
また扱いを間違えるとドツボにハマるので注意が必要です。

どういうことか、というと。

たとえば、良かったという部分を伝えられると、
どうしても次回以降の執筆に、ファンに迎合しようとする文章を書いたりしがちなのです。
自分のペースで、自分らしい文章を書きづらくなるのです。

あと、そういったディティールに関する話はなくとも、
次回作のリクエストや、シリーズ化の希望などを聞いてしまうと、
これまた書籍のテーマを企画する際に、影響が出てくる可能性があるのです。

結局のところ、それらの声は、
あなたのやる気をかき立ててくれる一方で、
著者としての発想や、活動の方向性に影響を与えうるという点で、
諸刃の剣のようなものなのです。
それに迎合すれば個性が失われ、やがて執筆自体が作業的にキツくなってくるのです。

以上のことから、もしあなたが、ファンとの交流を積極的に行うとしても。
断じて、その意見をまともに受け止めないことです。
実際私も、その手のファンの声に気をよくして、
合理的な判断を欠いてしまったことが何度もあります。

これは著者活動に限った話ではありません。

自社の商品やサービスのアップデートに関しても、
ロイヤルカスタマーのクライアントさんに
「とても使いやすい仕様です」と絶賛されたがゆえに、
なかなか仕様変更の踏ん切りがつかずに、それゆえに商機を逃したこともあります。

したがって、批判や誹謗中傷はもちろんですが。
賞賛、それこそ絶賛であっても、
あくまで一個人の意見にすぎないという認識を持って、
決して、行動に影響を及ぼされることのないようご注意ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です