ざっくばらんな言葉使いをしましょう

ざっくばらんな言葉使いをするというのは、
先の話し言葉の延長線上にある話ですが、
項目を分けた方が、本質が伝わりやすいと思ったので、
ここではより踏み込んだ話をしたいと思います。

あなたは、ブログ記事や、メルマガ、
さらにはTwitterでのツイート、Facebookの投稿など、
いわゆる普通の人が何気なく発信している文章を読んで、
不快な気持ちになったことはありませんか。

事実、その手のイラッとする発信をする人は少なくありません。

実は、話し言葉を意識して書いていると、
彼らと同じ過ちをおかしてしまうことがあります。

一般に、編集や校正のチェックが入るメディア情報の場合は、
表現や言い回しについて修正が入るため、
その手の潜在的な不快感を覚えさせるような表現というのはないのですが。

先に挙げたような個人メディアの場合は、
基本的に、セルフチェックしかされない・・・
というよりも、そのセルフチェックすらされないことが多いため、
気づかぬうちに不快感を与えていることが多いのです。

そして、電子書籍もまた、本ではありますが、
セルフチェックしか成されない発信ゆえに、
それと同じことが起こりえるのです。

では、なぜ、個人メディアでの発信は、
そういった潜在的な不快感を覚えさせるような文章になりがちなのでしょうか。

それは、発信のモチベーションの多くは、
何かに対する怒りであることが多いからです。

すなわち、負の感情をまき散らしていることが多いのです。
それゆえに、配慮を欠いた言葉だと、ことさらに悪い空気感を生みやすいのです。

ともあれ、怒りの感情を原動力にする、というのは
発信をする上で、文章を格上で、
強力なモチベーションになるのは事実です。
要は、それをコントロールし、うまく付き合うことが大切なのです。

では、どうすれば、
読者さんに不快感を与えない表現で、
怒りの感情をモチベーションに転化できるのでしょうか。

これは、あなたの親しい先輩に、
「聞いてくださいよ~」と前置きし、
軽口を叩きながら、冗談交じりの愚痴をこぼすイメージで書けば解決されます。

あくまで先輩相手なので、
丁寧な言葉使いを維持できますし、
その一方で親しい相手ゆえの
取っ付きやすいくだけた表現を同時に盛り込むことができるのです。

さらには、仲間内の会話テイストにまとまりますので、
怒りの感情もマイルドに、
それこそエンターテイメント的な表現にすることだって可能なのです。

「いやーあいつ、マジでありえないっすわ!」
といった具合に。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です