あなたの本の批判レビューを最小限に抑える方法

Amazonに批判や誹謗中傷のレビューを書かれても、しょせんは取るに足らないこと。
ビジネス的には何の影響もない、という話は前項でしましたが。

それでも、気分が良くない、面白くない、
そう考える人もいると思います。

そこで本項では、
さすがに批判レビューをゼロにすることこそできませんが、
限りなくゼロに近づけるテクニックについてお話しします。

その方法はいたってシンプルです。

いわゆる読み放題サービスであるアンリミテッドへの登録を廃止して、
書籍の価格を1000円以上に設定するのです。

紙の本であれば「本屋で買った」「図書館で読んだ」といういいわけが通用しますが、
電子書籍であるがゆえに、買わなければレビューを書く権利は得られません。
仮にそれを無視してレビューを書いたとしても、
さすがに状況として弁護できないため、Amazonも異議申し立てに応じます。

もちろん、価格を1000円以上に設定すると、
びっくりするくらい売れなくなります。

ただ、100円の時と比較して価格は10倍になるわけですが、
売り上げが10分の1になるかというと、そんなこともなく。
むしろ、それよりもはるかに少なくなることもめずらしくありませんので、
覚悟だけはしておきましょう。

ただ、ジャンルによっては、
10分の1以下に落ちずに、むしろトータルの利益が大きくなる場合もあります。

ただ、どういったジャンルであれば高価格のメリットが出るかについては、
ここでの言及は避けることにします。
あくまで私が推奨する電子書籍への取り組みは、
印税を得ることではなく権威性の演出が目的だからです。

いずれにせよ、売ることが、印税収入を得ることが目的ではない以上、
こういった価格設定の工夫で乗り切るのが、
最も無難な誹謗中傷対策といえるのではないでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です