コピーライティングを極めれば無限の富が得られる

コピーライティングを極めれば
無限の富を得ることができます。
 
これは誇張でも何でもなく、
そのビジネスの性質上、確かなことなのです。
 
あなたも、その手応えを感じたことはあるでしょうし、
私はその手法を完全にマスターしているからこそ、
こうしてあなたに秘密を共有すべくこの文章を書いています。
 
 
コピーライティングは文章を使ったコミュニケーションの技術です。
 
いうまでもなく、あらゆるビジネスはコミュニケーションですから、
その場で使う技術に長けているにこしたことはありません。
 
「求めよ、さらば与えられん」
という言葉があるように、
世の中に対してリクエストをしてはじめて、
人は望むものを得ることができます。
 
そう、コピーライティングとは、
文章によって、世の中に対するリクエストを行うための手段なのです。
 
 
これは恋愛に置き換えると理解しやすいと思います。
 
いくら、相手に思いを寄せていても、
言葉にしなければ伝わりません。
 
それこそ、相思相愛だったとしても、
ハッキリと好意を言葉にして発した恋敵に
横取りされてしまうことすらあるでしょう。
 
以心伝心だなんて、ただの幻想です。
というか恋人関係になってはじめて成り立つ関係でしょう。
 
しかし、あなたがしっかりと自分の気持ちを発することが出来たらどうでしょうか。
 
可能性はゼロではなくなりますよね。
少なくとも、チャンスを取りこぼすことはなくなります。
 
それどころか、意中の相手には思いを寄せる恋敵がいたとして。
さらにその恋敵が、
あなたよりも全てにおいて勝っていたとしても。
 
コミュニケーションの仕方、
すなわち自分のアピールの仕方次第では
大逆転のシナリオを演じることも可能なのです。
 
それこそ、どんな相手でも口説き落とせることができるならば、
恋愛にも積極的になれるでしょう。
 
どんな高嶺の花でも気後れすることなく、
積極的な挑戦をくり返していくことができます。
 
その結果、圧倒的な成果を収めることも夢ではなくなるのです。
 
 
このように、質の高いコミュニケーションスキルを身につけていれば、
チャンスを取りこぼさないことはもちろん、
あっとおどろく番狂わせすら可能になるのです。
 
事実ビジネスの世界では、
プロモーションの下手な競合を出し抜いて、
マーケットシェアナンバーワンを獲得したブランドは数知れず。
 
いずれも、生活者との関わり方、
すなわちコミュニケーションが上手かったがゆえに実現し得た成功です。
 
 
一例をあげるなら、あなたが普段使っているパソコン。
 
Windowsは最も優れたOSだからこそ
世界ナンバーワンシェアを獲得したというわけではないですよね。
 
そして、Facebookもまた、
世界で始めて誕生したSNSというわけでもなければ、
世界で最も優れたメディアというわけでもありません。
それでも、圧倒的なユーザー数を誇り、世界中で愛用されているわけです。
 
 
コピーライティングとは、文章を使って、
こういった世の中と効率的にコミュニケーションするための手段なのです。
 
ゆえに、それを極めることで、
世の中を支配することすら可能になるのです。
 
そしてこれはセールスという側面のみならず、
文章自体をコンテンツにするという展開でも同じことがいえます。
 
 
とはいえ、同じ「文章を書く」という行動であったとしても。
利益を生む場合と、そうでない場合があります。
 
また利益を生む場合であっても、大小の違いが生じます。
 
 
たとえば、私が今ここでお話ししている話を
Amazonで電子書籍の形にして売ったらどうでしょうか。
 
上限設定20,000円までいけますから、
だいぶ大きな収入になると思われます。
そして、Amazonの強大な流通網に載せることができるので、
それなりの売上にもつながることでしょう。
 
さらに、教材の形にするとどうでしょうか。
 
あなたが、妥当と考えてご購入いただけるならば
さらに大きな金額での価値交換を実現することができるのです。
 
すなわち、個人的な知識や経験を伝えるべく
コピーライティングのスキルを利用し、
文章コンテンツの形に商品化する。
 
そしてそれを、最適な流通で提供する。
それにより、圧倒的な高利益のビジネスを
瞬く間に生み出すことができてしまうのです。
 
これもまた、コピーライティングの持つ、
コピーライティングならではの魔法の力といえるでしょう。
 
 
以上まとめると、
あなたがコピーライティングを極めることで、
あらゆるチャンスを確実にものにすることができます。
 
そして、どんな難敵相手でも
番狂わせを演じることができ、
さらには高利益ビジネスを立ち上げることすら可能になる、ということです。
 
ワクワクしてきませんか。
ペン1本で・・・というよりかは、キーボードでしょうね、普通は。
 
キーボードで文章を打ち込むだけで、世界を変えることができるのですから。
 
 
そのワクワク感を覚えたならば、続きの話はこちらからどうぞ。




友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関口智弘(せきぐちともひろ)
1979年9月8日生まれ/埼玉県出身/メンサ会員

「あなたの知識や経験が本になる!」をコンセプトに、電子書籍出版塾を主催しています。