2017年下半期のインターネット集客について思うこと

先日、集客コストに関するお話をしましたが。

その時に、当社の集客コストは
依然として1,000円前後であるというお話をしました。

そこで、今回は
最近の当社の集客方法についてお話しさせていただきます。

まず、当社では、他の会社さん同様に
アドレスを集めるためのランディングページを用意してあります。

他の会社さんとの大きな違いとしては
集まったアクセスを、
アドレス登録まで持っていく流れを徹底しているという点です。

どのようにして、大きな違いを生み出しているかというと。

  1. ランディングページに至るまでのアクセス誘導
  2. ランディングページで提供する登録プレゼント

この2点で徹底的な差別化をしています。

つまり、そもそも、
集まってくるアクセスの質自体が非常に高いということ。

そして、アドレス登録によって得られるプレゼントが
他社さんがやっているような
ありふれたゴミコンテンツではない、ということです。

アドレスをどのようにして顧客化するか

さて、アクセスしてくださった方に
アドレス登録をしていただいたら・・・。

当社でも、ステップメールによるアプローチを行い
その後のセールスに向けて動き出します。

しかし、このセールスに向かう部分においても、
当社のやり方は、他社さんとは大きく異なっています。

他社さんは、最終的に売りたい商品を設定し
そこからの逆算で、セールスステップを組みます。

もちろん、当社でも、
インフォ系コンテンツの一部については
そのアプローチで売っています。

ただし、このやり方は極めて無駄が多く
利益率を大きくとれるコンテンツビジネスだからこそ可能な
限られた手法でしかありません。

そして、そんな雑なやり方、
ありきたりなクロージングしかやっていないからこそ、
他社さんは、前述のように
1人のお客さんを獲得することに5,000円も掛かってしまうのです。

そして、集客コストを回収すべく、
多くのネット起業家たちは、
迷惑メールさながらのセールスメールを送るのです。

当然のことながら、当社はこんな、自分本位で、
原始的な力技に頼ることはありません。

知的で、聡明で、お客さんに感謝される。
そんな取引を実現するためのアプローチをしています。

そのおかげで、アドレス登録をいただいた方の
実に30%以上が、そのまま当社のお客さんになってくれています。

とはいえ、登録者の半数は
冷やかしや、同業者のスパイですからね。

実質、成約率は60%といっていいほどの
圧倒的なクロージングを実現できています。

あなたが、ガソリンを買うのはどういうときですか

ガソリンが安いときですか。

ガソリンスタンドがキャンペーンをしているときですか。

笑顔でガソリンスタンドで呼び込みをしているときですか。

ガソリンスタンドにレースクイーンが販促イベントに来ているときですか。

それとも、カード払いのポイント還元率が期間限定でアップしたときでしょうか。

いずれでもないですよね。

あなたがガソリンを買うのは、
運転している車のガソリンが減ってきたときだと思います。

ガソリンが十分にあるにもかかわらず、
上記のキャンペーンが開催されているからと行って、
ポリタンクを担いで買いに行くでしょうか。
(石油ではないのでポリタンクでの購入はできませんが)

まず、絶対に、ないと思います。

ともあれ、ほとんど全ての人たちは、
この本質を見落として、うっとうしい押し売りをしているのです。

さしずめ、あなたのメールボックスを埋め尽くすセールスメールの数々は、
道行く車の前に立ちはだかって
ガソリンスタンドに引き込もうとするようなものですよね。

迷惑きわまりない行為ですが、
程度の差こそあれ、
多くの人は、このような過ちをおかしています。

では、その一方で
高成約率を実現している当社は何をやっているのでしょうか。

実は、特にセールスする商品への誘導をはかることなく
淡々と、セールスの布石を打ち続けているのです。

そして、良い商品やサービスが生まれたり
はたまた他社から発売された際などに
その布石を伏線にして、一気に回収しているのです。

すると、まるで地引き網のように、
ゴッソリと、アドレスを顧客化することができてしまうのです。

北風と太陽じゃないですが、
このプッシュ型でありながらも、待ちの戦法は
非常に効果的なので、ぜひ導入してみるといいでしょう。




友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です