電子書籍を出していると出版オファーが来なくなる?

ある出版コンサルタントの方の書籍に
こんな話が出ていました。
 
「電子書籍出版をメインでやっている方は、
 商業出版をする実力がないからやっていると見なされる」
 
それなりの地位のある方の言葉ですので
事実無根のポジショントークというわけではないと思います。
 
ただ、私の経験談からいくと
絶対的な真理、完全なる事実かというと
必ずしも、そうではないと思っています。
 
ともあれ、影響力のある方の言葉ですから、
行動に迷いが出る方もいるかもしれませんからね。

だって、考えてもみてください。
 
ちゃんと、文章が書けるかどうかも疑わしい、
語るだけの理論や知識、経験があるかも疑わしい。
 
そんな人に、出版依頼なんてしますか?
 
絶対にしないですよね
出版者さんだって、ビジネスでやっているんですから。
 
だからこそ、電子書籍という形で
自分の知識や経験をコンテンツ化することができる。
文章をしっかり書くことが出来る。
 
これを示すことは、
プラスになっても、マイナスになるなんてことはまずありません。
 
というわけで、どうぞ安心して
電子書籍のビジネスに取り組んでみてください。
 
出版業界が斜陽産業だなんだと言われていますが、
そのビジネスとしての権威性はまだまだ健在だと思います。
 
それを支えているのは、
そこで働く優秀な方々です。
編集者さんも当然ですが、営業マンの方だって
校正の担当者さんも、資金調達する担当者さんも。
 
むしろ、電子書籍を出したくらいで
ネガティブ評価になるなんて、
それは、ちょっと、彼らに対して失礼なのではないでしょうか。
 
あなたが、魂を込めて文章を書いていれば
彼らは必ず、あなたを見つけ出してくれるはずです。
 
だからこそ、信じて書き続けることが大切だと思います。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「かんたんな文章が書ければ何とかなる!」をテーマに、文章で稼ぐ方法をお伝えしています。 有名作家のように洗練された文章でなくても、人気ブロガーのように笑える文章でなくても、誰もが文章を使って稼ぐチャンスがあります。 まずは、肩の力を抜いてサイトをご覧になってみてください。