配慮は必ずしも美徳ではない

文章で稼げない方には特徴があります。
 
良くも悪くも、配慮しすぎるのです。
どうも、腰がひけているというか。
 
そのせいで、主張がわかりづらいばかりか、
ウソをついていると誤解されることも少なくありません。
 
もちろん、人生においては
ズバズバと主張することで、
反感を買うことがかなりあります。
 
オンラインの場合は、
聞き手も遠慮ないですからね。
 
それどころか、匿名性のなせるわざか、
かなり攻撃的な反論をしてくる方もいます。
 
しかし、そういった反応を恐れて
バランス感覚を意識した発信をしていたのでは
影響力を発揮することは出来ません。
 
得てして、その手の発信は
無個性で、読んでいて退屈ですからね。
 
 
水の中に投げ込んだ石が大きければ大きいほど
跳ね返りも凄くなるわけですが。
 
結局、そうやって
大きな石を投げ込んだ方だけが
影響力を発揮し、実際に大きく儲けています。
 
というわけで、腹を括りましょう。
 
配慮が出来るのは、人として美徳ですが
発信者としては
個性を奪う悪しき要因の1つです。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「かんたんな文章が書ければ何とかなる!」をテーマに、文章で稼ぐ方法をお伝えしています。 有名作家のように洗練された文章でなくても、人気ブロガーのように笑える文章でなくても、誰もが文章を使って稼ぐチャンスがあります。 まずは、肩の力を抜いてサイトをご覧になってみてください。