配慮の習慣がビジネスの成功率を上げる

新幹線とか、飛行機とかに乗っていて
前に座っている方が
ドカッと座席を倒してくること、あるじゃないですか。
 
あれ、あなたはどう感じますか。
 
「ひと声くらいかけろや!」って思いませんか。
 
ですが、後ろの席の方に配慮するのは
私の経験上、10%もいません。
 
外国人に至ってはほぼゼロです。
 
まぁ外国人に関しては
文化の違いもあるでしょう。
 
配慮という概念が希薄なので。
 
ただ、日本人同士でそれっていうのは
気にする方も、気にする方なのかもしれませんが
ちょっと残念な気がしますね。
 
 
そもそも、相手に対する配慮や、
声をかける際の勇気などは、
いずれもビジネスにおいても重要だったりします。
 
配慮がなければお客さんのかゆいところに手が届かず
高い満足度を得ることは難しいでしょう。
 
声をかける勇気がなければ
刺さる売り込みをしっかりと行うことができず
利益を得ることは難しいでしょう。
 
まぁビジネスの世界の勝ち組は
おおむね5%といわれていますから
声をかける方が10%未満というのは
ある意味、理に適った数字なのかもしれません。
 
グリーン車にしろ、ビジネスクラスにしろ、
やっぱり会社のお金で乗っている方ってわかりますもん。
 
ともあれ、こういった、日常の一コマにも、
ビジネスマンとしての器は出るものだな、と
あらためて感じた次第です。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「かんたんな文章が書ければ何とかなる!」をテーマに、文章で稼ぐ方法をお伝えしています。 有名作家のように洗練された文章でなくても、人気ブロガーのように笑える文章でなくても、誰もが文章を使って稼ぐチャンスがあります。 まずは、肩の力を抜いてサイトをご覧になってみてください。