検索最適化なんてクソッくらえ

ほんの10記事くらい前に
「クソッくらえ」で書いたばかりなのに。
 
こんな下品な言葉がつづくあたりに
私の人柄を見て取ることが出来ると思いますが。
 
さてさて、春が近づいてきた今日この頃、
いかがお過ごしでしょうか。
 
 
本日のテーマは
「検索エンジン最適化なんてクソッくらえ」
 
ご覧のとおり、
このブログは、検索エンジン最適を
まったくもって意識していません。
 
ある程度、基本的な理論は理解しています。
 
ですが、検索エンジン対策の細かい部分は
常時、最新情報を仕入れる必要があります。
 
ええ、ハッキリいって、
それが面倒なんです。
 
そもそも、私はこのブログの文章に
魂を込めているわけです。
情熱、てんこ盛りなわけです。
 
こんな素晴らしいサイトを
ちゃんと上位に表示できない
Googleの検索が無能なのです。
 
ゆえに、しょせんロボットごときには
人間さまのニーズをしっかりとくみ取る
おもてなしが出来ないんだな、ということですね。
 
 
実際、自分が求めている情報に関して検索し
Google検索のような情報を秘書が持って来ようものなら
即日クビでしょう。
 
あ、法律が厳しいから
それはさすがに無理かもしれませんが。
 
とりあえず
「あぁこの方に調べごとは無理なんだね。
次からは他の方にお願いすることにしよう」
ってことになると思うんです。
 
まぁほんと、それくらい
Googleの検索ってのは無能なんです。
 
それにも関わらず、
何でこっちが、
Googleの無能な検索に気をつかって
記事を書かなきゃならんのだ!という話なのです。
 
 
そもそも、検索エンジン最適化、などと
大層な理論を語ったとしてもですよ。
 
しょせんは、Googleという絶対君主に対して
こびを売る方法でしかないわけですよ。
 
そんなしょーもない、
フォロワー気質でどーすんの?って感じです。
 
少なくとも、自分で情報発信をしている方は
そんな弱々しい人間であって欲しくないです、私は。
 
「でも、関口さん、現実をみてください。
 Googleを使わずして集客なんて無理でしょう。」
 
いいえ、そんなことはありません。
 
というか、そういう思い込み自体が、
すでにGoogle教の洗脳にハマっています。
 
 
今、多くの方は
スマホ経由でネットを閲覧しています。
 
で、ご存じのとおり、
スマホってアプリがあるんで、
Googleを挟まずとも
自社サイトに誘導することが可能なんです。
 
Facebookやら、Twitterやら、Instagramやら
あとはラインでも、ショートメールでも
いろいろありますからね。
 
でもって、スマホを持っている方で
それらを一切使っていない方ってのは
まず存在しないわけで。
 
だから、Googleごときにビビる必要はないですし
こびを売るなんてナンセンスなんです。
 
ちなみに、最近、Googleが
めまぐるしく動き出しているのは
その辺の真実に気づかれまいと
洗脳が解けないように
ユーザーを振り回そうとしているからでしょう。
 
それくらい、危機感と焦りを盛っているんじゃないでしょうか。
 
 
とにもかくにも、
ブログや、サイト運営をするにあたって
検索エンジンをセットで考える方が多いんですが。
 
やるに越したことはないですが、
そのせいで、腰が重くなったり、
筆が走らないのでは本末転倒です。
 
なので、あまり検索エンジン最適化は意識せず
もっと気楽に、のびのびと文章を書いてみてはいかがでしょうか。
 
まぁそんなことをやっていたら
100%、Google検索経由でのアクセスは期待できないですけどね。
Googleの検索エンジンは、それくらい無能なので。
 
だいいち、小学生レベルの
低次元なウソさえ見抜けないんですから(笑)
 
それでも、Googleに頼らない方法で
いくらでもアクセスを集めることは出来ます。
 
なのでまぁ、そういった
別の方向からの努力をすれば良いんじゃないでしょうか。
 
とりあえず、私はGoogleが嫌いですし
その横暴さが目に余るレベルに達しているんで
今後も、仲良く出来そうにありません。
 
でも、独立してから早10年。
 
一度として、それで困ったことがないんで、
まぁほんと、世の中のインターネット界隈の方々は
ちょっとGoogleごときにたいして
神経質になりすぎなのでは、と思う次第でございます。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「かんたんな文章が書ければ何とかなる!」をテーマに、文章で稼ぐ方法をお伝えしています。 有名作家のように洗練された文章でなくても、人気ブロガーのように笑える文章でなくても、誰もが文章を使って稼ぐチャンスがあります。 まずは、肩の力を抜いてサイトをご覧になってみてください。