極悪調教師に学ぶ「選ばれる」技術

今回の新刊は、
ちょっとアクが強い内容になっています。
 
私の、オーストラリアでの馬主経験から得た学びを
ビジネスノウハウ化してまとめました。
 
その名も
極悪調教師に学ぶ「選ばれる」技術
です。
 
自分を有能であるかのように演出し、
私のみならず
あらゆる新人馬主を食い物にしてきた有名調教師がおります。
 
彼のやっていることは
道義的にも、人間的にも問題があります。
 
しかし、そこに持っていくまでの
自己演出の力には学ぶべき点が多いのもまた事実。
 
したがって、私たちは
彼とは違って
誠実な方向に、その力を使いたいものですね。
 

 
登場人物や事件は一部フェイクを入れていますが
概ね、事実に基づくエピソードとなっております。
 
ゆえに生々しさと共に、そのハウツーを学ぶことが出来るでしょう。
 
競馬が好きな方にとっては
より一層、セールスにおけるハウツーを
たのしく学ぶことができると思います。
 
ちなみに、極悪調教師・マイクの正体が気になって仕方がない!
という方もいるかもしれませんので。

大損を音読みするとタイソン。
だから、マイクタイソンの「マイク」をとったわけで。

世界2大メジャータイソンのもう一方が、
マイクの本当の名前を示すヒントになる、というわけです。

細かすぎて伝わらないネタですな。
それでも、一応、考えて付けたんです(笑)

ではまた!




友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です