ごうまんコピーライティング

文章を書く時に、
謙虚な人柄が出すぎてしまう方がいます。
 
おそらく、普段から
周りに配慮をする
素晴らしい人格者なのでしょう。
 
しかし、その素晴らしい態度も
コピーライティングにおいては
マイナスになることが多いので注意が必要です。
 
というのも、謙虚さを感じる文章は
発する情報に自信がなく見えるのです。
 
どことなく、頼りない雰囲気を感じるのです。
 
 
それこそ、
暗に責任逃れをしようとしていると誤解され
セールスチャンスを逃すことにもなりかねません。
 
原則として、コピーライティングは
断定口調で書くことを意識しましょう。
 
なぜなら、読み手の感覚としては、
断定口調に対しては
ごうまんさや、思い上がりよりも
自信のあらわれ、責任の表明、と受け取ることが多いからです。
 
むしろ、謙虚に、遠慮がちに語られると
お客さんも安心して商品が買えません。
 
もちろん、断定口調で語ることで
万が一、その言葉に間違いがあった場合
通常以上に批判をされることもあるでしょう。
 
しかし、その時は
誠意を込めてあやまれば良いだけなのです。
 
失敗をしないことよりも、
批判をされないことよりも、
お客さんとしっかり向き合うことの方が
ビジネスにおいてはよっぽど重要です。
 
いうなれば、断定口調のコピーライティングとは
お客さんとしっかり向き合う決意表明でもあるのです。
 
会社勤めをしていると、
断定口調は歓迎されないので、
謙虚な言い回しがクセになっている方は多いです。
 
組織で仕事をしていると、
自分の発言で何か問題が発生した時に、
全体の責任になってしまうことが多いですからね。
 
実際私は、断定口調で語るクセあがるので
そのせいで一緒に仕事をしている方に迷惑をかけたり
上司や、先輩によく怒られたりしたものです。
 
しかし、今ではその悪いクセも
良い方向に機能しているわけですからおもしろいですよね。
 
そして、あなたも同様です。
あなたのビジネスにおいては
あなたが全責任を負う立場です。
 
万が一、断定口調で語ったことに間違いがあったとしても
会社に迷惑をかけることはありません。
 
ゆえに、断定口調で語ることの良い面を
最大限引き出せる恵まれた環境なのです。
 
その環境を活かし影響力を高め
効果的なセールスを展開しましょう。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「かんたんな文章が書ければ何とかなる!」をテーマに、文章で稼ぐ方法をお伝えしています。 有名作家のように洗練された文章でなくても、人気ブロガーのように笑える文章でなくても、誰もが文章を使って稼ぐチャンスがあります。 まずは、肩の力を抜いてサイトをご覧になってみてください。