小説好きが稼げない理由

一般に、読書量の多い方ほど
文章を書くのがうまい傾向にあります。

しかし、いわゆる小説好きの人は
メールビジネスでは稼ぐことはできません。

また、メールビジネスで稼ぐ文章力を伸ばしたいならば
小説好きの方は、
小説を読むことを控えた方が良いでしょう。

なぜかというと、文章構成には大きく3パターンがあります。

1.頭括型 最初に結論を言う
2.双括型 最初に結論を言い、最後にもう一度結論を言う
3.尾括型 最後に結論を言う

これらのうち、
いわゆるセールスに機能する文章構成は
1&2だけです。

3の、結論を最後に言う尾括型は
「要するになに?」という
読者さんのイライラを生むだけで
かえって逆効果になることが多いです。

で、ご存じの通り
小説は基本的に尾括型なのです。

というか、最初から結末がわかっている小説なんて
読んでいておもしろくないですよね。

ともあれ、小説好きの方は、
普段見なれている文章ということで、
尾括型の論理展開が染みついていることが多いのです。

また、そういう文章の方が
読者さんも楽しめるだろうと誤解しているのです。

というわけで、
自分自身の文章の論理展開のクセが
果たしてどれに該当するのか。
今一度、見返してみると良いでしょう。

なお、余談ですが。

裁判の判決なども、
軽い判決の時は頭括型で、
厳しい判決の時は尾括型で、
といった具合に使い分けているようです。

厳しい判決を先にいってしまうと
動揺したり、感情的になってしまい
話が耳に入らなくなることが多いからだそうです。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「かんたんな文章が書ければ何とかなる!」をテーマに、文章で稼ぐ方法をお伝えしています。 有名作家のように洗練された文章でなくても、人気ブロガーのように笑える文章でなくても、誰もが文章を使って稼ぐチャンスがあります。 まずは、肩の力を抜いてサイトをご覧になってみてください。