疲労感と充実感をはき違えていないか

「若い頃の苦労は買ってでもしろ」
そんな言葉もありますが・・・。

これほど危険な言葉もないと思います。

そもそも、負荷を感じる仕事というのは
成長の糧になっているというよりも
ビジネスの仕組みが合理的ではないあらわれです。

しかしながら、苦労は成長の糧と考えて
美徳とする価値観でいると
ビジネスを見直すきっかけを失い続けます。

そして、いずれ限界が来てしまうのです。

マネジメントがめちゃくちゃな会社ほど、
新人や、若手の苦労を
先のような言葉でごまかして、我慢をさせますが。

それがかえって、
効率の悪い仕事で時間を浪費して
自らの成長機会を奪っている場合があります。

疲労感と充実感は、
どちらもお酒を美味しくするように
その性質がよく似ていて、はき違えてしまいやすいものです。

くれぐれもご注意ください。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「かんたんな文章が書ければ何とかなる!」をテーマに、文章で稼ぐ方法をお伝えしています。 有名作家のように洗練された文章でなくても、人気ブロガーのように笑える文章でなくても、誰もが文章を使って稼ぐチャンスがあります。 まずは、肩の力を抜いてサイトをご覧になってみてください。