自分にとっての向き・不向き

私は、自分のことを天才だと思っているんですが
でもって、実際、天才なのですが。

それでも、向き・不向きはあると理解していて
決して、不向きなものには手を出さないようにしています。

ただ、それって、
最初からわかるのではなく、ですね。

やってみて
「あ、これ、ダメなやつだ」
って気づかされることも多いんですよ。

だから、致命傷を負うことはないんですが、
転んで、傷を負うことはわりと多いです(笑)

ちなみに、不向きなものは何か・・・というと。

うん、ここに列記するのが面倒なくらい
めちゃくちゃ、多いですよ。

ただまー、それくらい、
不向きを把握できているのは大きいと思うんです。

逆に、挑戦しなければ、行動しなければ、
それだけの数の不向きを認識しないままだったわけですからね。

ともあれ、大切なのは、
人間、得意なもの、向いているものにめぐりあうと
そればっかりに没頭してしまうわけですが。

やっぱり、さらなる可能性を模索すべく
どんどん、他のことにチャレンジしていくべきですね。

その繰り返しの中で、
当然、失敗しまくるなんてこともあるでしょう。

ですがまー、たまに、ですが
今まで自分に取って天職だと思っていたものよりも
はるかに向いているものとめぐりあうことだってあるわけで。

その検証作業さえサボらなければ、
何歳になっても成長し続けられると思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です