事業リサーチ

一般的な会社の場合、
まずは、事前にリサーチをしてから、
事業に取り組むと思います。

ただ、うちみたいなベンチャー企業は
スピード勝負なところがあります。

従って、創業以来、一貫して、
事前の事業リサーチはしてきませんでした。

まずは、市場に参加して、
そこから最適化を目指していくという流れです。

しかし、最近は、
その取り組みによる弊害の方が大きくなってきており
とりわけ、初期投資の回収に苦労するパターンが増えてきました。

もともと、うまくいかない事業に関しては、
いくらまでの損失なら・・・とか
当てが外れたら回収までやって撤退・・・とか
金額基準では設定しておりません。

事前に期限を設定しておき、
その上で、既存事業との利益率を比較し
リソースを増加させるかどうかを判断しています。

そして、あいにく、
そのほとんどが、既存事業と比較すると
事業効率の悪いものばかりなのです。

加えて、前述の通り、
最近では、その乖離がさらに大きくなってきた感があります。

それゆえの、事前リサーチの導入を検討しているのです。

結局、そこで多少の足踏みをしたり、時間をかけたとしても
資金の焦げ付きがなければ、
トータルでの事業展開のスピードは維持できそうですからね。

結局は、急がば回れという言葉に集約されるのでしょうか。
いずれにせよ、今、うちの会社は、
ちょっとした変革期にあるような気がします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です