おごるのは良いことか

実は、最近、
おごるのを一切やめました。

理由は、単純に、
費用対効果が悪いと感じたからです。

一般的に、おごることで、
返報性のタネを仕込める、
交渉に際して優位に立てる
主導権が握れると言われています。

でもって、確かに、
それを実感する機会も多かったのですが。

最近は、そもそも、
その展開をすること自体
ビジネス的な効率が悪いな、と。

要は、もっと他のビジネスに
時間とお金を使った方が
より大きな成果を得られると感じたのです。

もっとも、これまでおごってきたことに関して
全部が全部、
何らかの打算性があったわけじゃないですけどね。

楽しい気分にさせてくれたからそのお礼に・・・
というのも、多々ありました。

ともあれ、そういった、
心地よい時間を過ごすこともまた、
自身の成長の阻害要因になっているな、と。

そう感じる機会があまりに増えたので、
行動を見直すことにしたのです。

もちろん、またしばらくして、
さらに成長をした際に、
考えが変わることもあるでしょうけどね。

その時は、その時です。

ともあれ、今回の話でお伝えしたいのは、
成長段階に応じて、
考え方や価値観が変わるのは
ごくごく、当たり前のことであるということです。

どうも、情報発信をしていると、
一貫性を重んじて、
自分で自分をしばってしまう人とか。

あるいは、そうなることを懸念して、
ハッキリと自己主張をしないがゆえに
没個性に甘んじている人がいますが。

思いあたるフシがあるならば、
よーく、覚えておいてください。

別に、考えや価値観が変わるのは普通のことですし
むしろ、変わらない人は成長していないわけですから
遅かれ早かれ、影響力を失うことになります。

あと、事細かに、
あなたの発言を覚えているのは、
気持ちの悪い粘着アンチくらいのものです。

その手の輩の目を気にして、
大局を見失うことほど、
愚かなことはないと思います。

なのでまー、
朝令暮改はどんなもんなのかなーと思いつつも、
君子は豹変すを地で行くような柔軟性は
しっかりと持ち続けた方が良いと思います。

そんなわけで、
最近は、おごらなくなった関口でした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です