就職試験でメンサであることは隠すべきか

私自身は、メンサであることを公表することで
新たなビジネスチャンスをつかむことに成功しました。

しかし、その一方で、
人から使われる立場の場合、どう評価されるのか。
それが気になる人も多いのではないでしょうか。

ちなみに、この
就職活動などにおけるメンサの評価は、
定期的に、メンサのコミュニティでも議論に上がっています。

ともあれ、実際に悩んでいるというよりは、
皆が皆、選民意識に酔いしれて
東大生に対する逆アカハラを引き合いに出していたりもします。

そして、地獄のミサワよろしく
「やべーよー天才だってことアピールしたらみるめかわっちゃうよー」
と、言い合っているだけの
極めて不毛な馴れ合いなのですが・・・(笑)

ともあれ、低EQの方々の自己満足話はさておき、
合理的に考えたときに、
メンサの肩書きはどのように作用するのでしょうか。

まず、私の場合ですが・・・。

落とします(笑)

なぜかというと、
高IQの人間は出し入れの速さこそありますが、
それが生きるのはEQが高い場合に限られます。

すなわち、EQが低かった場合、
光の速さで失敗をする人種でもあるわけです。

さて、果たして、
高EQの人間が、
同じメンサである社長の会社を受けに来るでしょうか。

と、いうわけなのです。

すなわち、うちの会社を受けに来る時点で
IQは高いけれども、EQは低い、ということが確定するわけです。

だからこそ、書いていたら落とします。

ただ、それを隠すなら、
それはEQが高いというわけですから
うっかり採用してしまうかもしれませんね。

もちろん、それは、
面従腹背の恐れのある不穏分子、
まさに獅子身中の虫になり得る存在なので
ここには書けない方法で見抜いて弾きますが(笑)

次に、他の会社の場合ですが。

あまり関係ないと思います。
ええ、自意識過剰ですね。
たかがIQごときで。

確かに、エンジニアのような仕事の場合は
IQが高い方が圧倒的に有利なので
プラス材料に評価することはあるでしょうが。

それ以外の会社においては、
よくわからない文字列程度に片付けられて
特につっこまれることもないと思われます。

ともあれ、最近はメディアの注目も集まり、
興味本位で受けたものの、落ちた人も世の中にはたくさん増えています。

したがって、人事担当者がそのケースにあてはまる場合、
嫉妬心から意地悪な質問をされたり
はたまた、それを理由に落とされる可能性はゼロではないと思います。

「そんなバカな」
と、思うかもしれませんが、
何十人、何百人と受験をする中で、
1人や2人、人事担当の気分や好みで弾くのは
決してめずらしくないことですからね。

というわけで、IQの高さをアピールするよりも、
EQの高さで配慮を考えること。

それが、メンサの肩書きと上手く付き合う秘訣であり。

すなわち、タイトルの件に関しては
ケースバイケースとしかいいようがないが
おおむね、ネガティブである、と考えるのが自然かと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です