メンサであることは隠すべきか

私は、メンサ会員であることを
しばらく隠してきました。

その理由は2つあります。

まず1つ目が、
コンサルティングのビジネスを行っていることです。

要するに、何を語っても
「天才の関口だから出来たのだろう」
と、再現性や効果に懸念を持たれてしまう可能性があるのです。

だからこそ、天才であるということを公表するのは
マイナスに作用するのではないかと考えました。

そして、2つ目が、
それを実感できるように、
あえて、ここまでの文章で意識したのですが。

ただ自分の考えを述べただけで
イヤミだの、上から目線だのと、
コンプレックス丸出しの受け取り方をされる懸念があるからです。

そうなると、話の本質は伝わりませんし
それこそ、誤解から、不毛な議論が発生する可能性すらあります。

もっとも、私は、
一切の議論に取り合わない主義ですが(笑)

ともあれ、これも、
メンサであることを伏せていれば
「弱虫め!」
「ビビってるのか!?」
などと、捨て台詞を吐かれるだけで済むわけですが。

高IQであることを示した上でのその言葉は
「いちいちスカしていて気に入らない」
などと、
火に油を注ぎかねないわけです。

というわけで、あなたも、経験があるでしょうが。

成功者の場合は、
それこそ、ただの日記や自己紹介でさえも
自慢話と受け取られてしまうように。

高IQであることを示すことで、
同じような、嫉妬の色眼鏡で見られてしまうというわけです。

ただ、最近では考え方が変わり、
公表することによるメリットも実感する機会が増えています。

そして、この手のプロフィールは
ある種の不可逆性がありますからね。

それゆえに、今さら隠す必要もないだろうと、
開き直るようになった、というわけです。

実際、新たな商売にもつながっているので、
公表したことに関しては、間違っていなかったと思っています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です