私もLINE@をやった方がいいですか

昨日、突然、
LINEにこんなメッセージが届きました。

「私もLINE@をやった方がいいですか。
 今は、メルマガよりもLINEの時代だと思っています。
 関口さんはどう思われますか。」

念のためいっておくと、
全くの他人からのメッセージではありません。

これまで何度か取引があるものの、
最近、ご無沙汰になっている
かつてのクライアントさんからのお問い合せでした。

おそらくは、陰ながら?
私のLINE@に登録して
その発信をご覧いただいていたんでしょうね。

あ、もしかしたら、
新規の読者さんはご存じないかもしれませんので
あらためてご案内しておきますが。

私のLINE@はこちらです。

https://line.me/R/ti/p/%40skgc

で、結論から先にいいますが。

巷でよくいわれているような
「メルマガの時代はもう終わり」
という意見は、全くのデマです。

いつの時代もそうなのですが、
王道を否定するような発言、
一般論に対するアンチテーゼ、
それを堂々と主張すると注目を集めるんですよ。

だから、先のような発言をする人がいるのです。

さらにいうと、
そういう発言をしている人たちの実情を見てみると
元々、メルマガで稼げていなかったりするんです(笑)

なので、正しい反応としては
「あんた、最初から、メルマガで稼げてないじゃん」
なのではないかと。

そうはいってもやはり、
私もLINE@を使っていることから

「何かあるのでは???」
と、考えるのも無理のない話だと思います。

はい、確かに、
LINEをビジネスで有効活用する方法は
いくつもあるんです。

ただ、あくまでそれは、
既存メディアの補助的な役割であり。

LINEがなければ勝負にならないとか、
LINEじゃないと稼げないとか、
そういう次元の話ではないんですよね。

そもそも、LINE推進派が語る以下の理屈、
冷静になって考えればおかしいんですよね。

1.LINEは1人1アカウントだから
  メールのように捨てアドレス登録がない

確かにその通りですが、
価値のある情報を発信しているならば、
メルマガにメインアドレスを登録してもらえます。

実際、私のメルマガをご覧いただいている方の多くが
スマートフォンで閲覧いただいています。

これの意味するところは、
メインかどうかはさておき、
スマートフォンで閲覧するような
利用頻度の高いアドレスを登録しているということです。

したがって、捨てアドレス云々というのは
その発言をしている人間が
しょうもないメルマガを配信しているから
そうなっているだけの話で・・・。

この手の輩のLINEに登録したら
メルマガ同様に
ろくでもない発信が高頻度で届くということです。
もはや悪夢ですね(笑)

2.LINEはプッシュ型通知なので
  即座に開いて読んでもらえる

プッシュ型通知というのは
メッセージが届いたら
それがバイブレーションでしさらされたり
画面に表示される形式のことです。

そして、ご存じのとおり
LINEは新着メッセージがあると
プッシュ型通知されますよね。

ゆえに、メルマガと比較すると
リアルタイム感があるという主張は
一見、強い優位性を持っているように思われます。

が、冷静になって考えてみてください。

現代人って・・・
それこそ、あなたもですが、
とりあえず、手が空いたら
スマートフォンをチェックしませんか。

それこそ、LINEが届いていようがいなかろうが
メーラーを起動して
新着メールをチェックすると思います。

つまりが、スマートフォンをチェックできる時は
誰もが必ずメールチェックをするのです。

プッシュ通知があったとしても、
閲覧できない時間は閲覧しませんし、
むしろ、そんなタイミングでの通知は
鬱陶しいだけでしょう。

これが現実なのです。

3.LINEはテンポの良いコミュニケーションが可能

これは事実です。
そして、メールにはないものだといえます。

ただ、これができているLINE発信者って
数えるくらいしかいないんです。

少なくとも、
LINEのビジネス利用の有効性を語る人で
それをできている人を見たことがない(笑)

ともあれ、実を言うと
私はかなり、LINE@も使いこなしているので
裏話をしますが・・・。

LINEでのコミュニケーションって
タメ語じゃないとダメなんですよ。

もちろん、それで、
嫌悪感を覚えたり、イラッとする人もいますよ。

ただ、そういう人って
もうLINEをつかってコミュニケーションする相手じゃないのです。

要するに、LINEを使うなら
LINEならではのターゲットと
コミュニケーションするべきなんです。

そういう相手とならば、
理論通り、テンポの良いコミュニケーションができます。

いわゆるビジネス的な言い回し、
敬語のオンパレードでは、
会話なんて弾まないですし、
テンポのいいコミュニケーションなんて無理なんです。

ただまぁ理屈だけ学んで、
実際に、それで稼いでいるわけじゃない人は、
先のような理論を語りつつも
自分はぜんぜんできていなかったりしますね。

と、いった感じです。

なにはともあれ、
新しいメディアに飛びつくのは、
フットワークの軽さという点では素晴らしいのですが。

そのメディア特性を理解しないままに、
それが全てと思い込んでしまうと、
お客さんを大量流出させてしまうことになります。

なので、ステップメールの仕組みを構築していれば
LINE@なんてやる意味がないです。

LINEでセールス展開をするならば、
自身が対面セールスに強く、
なおかつ単価10万円以上の自社商品を持っている、
そういう場合に限られますね。

なのでまぁ、無理してまで
LINE@の導入にこだわる必要はないです。

さらにいうと、それ系のシステムやツールがありますが
あれらを導入するのは完全にお金のムダです。

くれぐれもご注意ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です