意味ないんです、実は・・・

メールビジネスをしている人って、
一生懸命に、ランディングページ・・・
すなわち、リスト取りのサイトを作成していますよね。

見たことありませんか、
こんな感じのサイト。

http://uma7.jp/pubcom.html

これ、確かに
リストは集まるんですよ。

上記のサイトも、
1日平均5アドレスは入りますしね。

ピーク時なんて
50アドレスとかバンバン入っていました。

ただ、残念ながら
そこから引き上げられるか、というと。

そんな甘くないんですよ。

というか、残念な話をしますね。

アドレスが入るページほど、
引き上げ率は悪くなります。

いや、率というか、
件数自体が、もう少なくなる、というか。

確かに、欧米のマーケティング事例などでは
ゴージャスなサンプルからの引き上げ!
みたいな事例が紹介されていますけどね。

あいにく、日本の国民性には
そういうの、合っていないんですよ。

むしろ、徹底的に隠すというか
秘匿性を演出するくらいじゃないと。

なんていうんでしょうね、
なめるというか、軽んじる、というか。

そういう所があります、日本人は。

だから、欧米の成功例とかを鵜呑みにして
それをそのまま
日本で展開しない方が良い場合もあるんです。

ちなみに、先のサイト。

それでもなぜ、
いまだに私は放置しているのか、というと。

気になりませんか。

くり返しますが、
あのサイトから入ってきた人たちは
まったくもって顧客化しません。

言葉は悪いかもしれませんが、
いわゆるサンプルこじき、試食こじきという属性です。

でも、それが良いんです。

ちょっと理由を考えてみてください。
集客の本質がわかると思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です