惰性の習慣に意味なんてあるの?

あいかわらず、
気分屋全開での配信ですが。

毎日、決まった時間にメールを書いている人、
ほんと、えらいな、って感心しますね。

あ・ちょっとウソです。

やっぱり、継続することが目的になって
惰性で配信している人を見ると、
なんだかなーと思いますね。

毎日配信をしていても、
そのクオリティが低いんじゃ意味がないと思うのです。

もちろん、そのメッセージを受け取れることに
プレミア感のある存在なら、話は別ですよ。

どういうことか、というと。

たとえば、ファンクラブ的なビジネスをしている人。

こういう人の場合は、
それこそ、他愛もない話であっても、
読者は価値を感じられるわけですよ。

だから、ありだと思うんです。

ただ、そうじゃない、普通の人。
その辺のオッサンの場合。

やっぱり、わざわざ時間を割いて読んでもらうからには
それなりの価値を盛り込むべきだと思うんですね。

そう、私のこのメールのように(笑)

それが出来ていない、
単なる惰性の習慣でしかないメールは
それこそ、スパムみたいなものだとさえ思います。

まぁこういう話をすると

「それは関口さんの個人的な価値観ではないか」

って思う人も、いるんですけどね。

まぁそうですね。
ただ、世間の人たち、
すなわち、読者さん、お客さんの価値観も
こんなもんだと思いますけどね。

世界的貴族にとっても、
上野のホームレスにとっても、
5分は5分ですから。

その5分を投じる価値のないコンテンツって
やっぱり、存在意義がないと思うんです。

というわけで、
こういう配慮って、やっぱり
突き詰めるなら謙虚さなのかなーと思いますね。

ゆえにまぁ、今後も私は、
マイペースで質の高さ重視のメールを続けるつもりです。

2~3日どころか、
1週間、10日サボったとしても、
まぁそれほどお気になさらないでください(笑)

そういうスタンスなだけなので。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です