外国人のトリセツ

私は、海外在住経験もありますし、
海外での企業経験もありますし、
現在進行形で海外で事業も投資もしています。

それゆえに、外国人との付き合いも
普通の日本人の人と比べてかなり多いのですが。

その中で感じるのは、
やはり、日本人との根本的な価値観の違いですね。

海外事情、外国人の性質について語る人は多いですが
大半は、サラリーマンの人であったり
はたまた、海外のことしか知らない人ばかりです。

なので、私のような
あらゆるシチュエーションで外国人と付き合っている人は
ほとんどといっていいほどいないんですよね。

というわけで、おそらく日本で
最も多角的に外国人と付き合っている
私ならではの彼らとの付き合い方について少々。

まず、アジア系、欧米系に限らず。

人間的に奥行きがないということは
理解しておく必要があるでしょうね。

自分の能力、スキル、適性を
謙遜しないのでわかりやすいのですが。

逆に、手札を全部見せると
日本の場合は、さらにすごい一面がありそう・・・と思いますよね。

でも、外国人は、それがないです。

なので、想定外のラッキーをもたらすことは
まずないと考えた方が良いです。

というか、その手札もニセモノが多い、
すなわち、メッキバリバリといった感じです。

ちなみにこれ、自己演出のみならず、
ケーキとかもそうです(笑)

ホールケーキのクリームとか、
めちゃくちゃ薄く塗られていますし
そもそも、原材料もケチりまくっています。

日本が、神は細部に宿る・・・といった感じで、
細かいところまで妥協せずに取り組むのとは裏腹に。

注目度の低いところでは露骨に手を抜くというのが
外国人にありがちな傾向なのです。

というわけで、彼らとビジネスで関わるならば、
管理職として日本人を近くにおいておかないと
非常にリスキーだと断言しておきます。

長くなったので今日はこの辺で。

機会があったら、また書きます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です