信頼の勝ち取り方

情報発信において、
大切なのは、
信頼の価値取り方です。

「これ、おすすめです!」

同じ言葉で売り込んでも、
誰が言うかによって
結果は大きく異なります。

あと、自分がどの分野の専門家と見なされているかによっても
その言葉の効果は大きく異なります。

たとえば、私がメルマガの配信スタンドについて

「これ、おすすめです!」

といった場合。
そりゃもちろん、信じてくださる方は多いと思います。

ただ、育毛剤について

「これ、おすすめです!」

といったらどうでしょうか。

あいにく、今も昔も、
私の頭髪はフサフサ、フサイチコンコルドですからね。

説得力がないわけですよ。

というか、あからさまな
マーケティングと思われかねない。

なのでまー、
自分自身のポジションを明確にし
その上で信頼を勝ち取らないとダメなんです。

ほとんどの人って、
どっちかしかやっていないんですよ。

ポジショニングを明確にすれば
その権威性で売れると思っていたり。

はたまた、信頼されていれば
不動産でも、育毛剤でも、口紅でも
なんでも売れると思っていたり。

そうじゃないんですね。

あと、実を言うと、
それだけじゃないんですよ。

信頼って2つの方向があるんです。

上の人から安心される信頼。
下の人から慕われる信頼。

これは、会社員をしていた方なら
たぶん、よくわかると思います。

逆に、これをしらないことが
ニート上がりや学生上がりの多いネット起業家に
一発屋が多い原因にもなっていますね。

その答えは、というと。

上の人から安心される信頼って
要は、資格をはじめとした
品質の証明書が重要なんです。

逆に下の人から慕われる信頼って
実際に接してみた印象や
積み上げた実績、ですね。

これ、逆だと、ダメなのおわかりですよね。

上の人に対して
実績を提示したらどう思われるでしょう。

信頼されるどころか、
脅威を感じさせてしまいますよね。

むしろ、信頼を損なう懸念すらあるかもしれません。

あと、彼らは、
実際に会った印象が良いほどに警戒しますからね。

逆に、下の人に対して
資格などの証明書を見せたらどうですか。

違いをもたらす違いがそれだけだと曲解され
影響力を発揮することが難しくなると思います。

ましてや、すでに同じ資格を持っていたら
なおさら、ですよね。

というわけで、
案外、漠然と、取り組んでいる人も多いんですが。

信頼の価値取り方って
パターンが多岐にわたっていて、
実はめちゃくちゃ複雑でややこしいです。

なので、自分のポジショニングはもちろん、
ターゲットの属性を踏まえた上で、
最適なアプローチを考えたいところですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です