他人を安易に信用しても大丈夫なのか

私は、ビジネスにしろ、投資にしろ
関わる方々を無条件で信用し、信頼します。

なぜなら、いちいち疑っていると、
際限のない信用調査をせざるを得ず
何事も、なかなか進展しないからです。

したがって、
仮に、信用や、信頼を裏切られたとしても
かすり傷程度で済むくらいのお金しか使いません。

そして、有事に際しても、
特に相手を責めるようなこともしません。

責めたところで、
多少は、お金が戻ってくるかもしれません。

しかし、それにしても
当初、望んだ結果が得られるわけではないですし
時間が戻ってくるどころか、
さらなる時間的なコストを生むだけですからね。

それならば
スパッとその段階で見切りを付けた方が
合理的だと考えています。

こういうスタンスでいると、
悪い奴らに狙われ放題なのでは?
と思われるかもしれません。

ええ、否定はしません(笑)

しかし、ある程度は、
精度の高いスクリーニングをかけられるので
被害は最小限で済んでいます。

ちなみに、そのスクリーニング方法は、というと。

相手のFacebookを見る、ということです。

記事が非公開になっているようであれば、
友達申請をしてこじ開けます(笑)

そして、相手のFacebookを見たときに、
仕事の話や、ビジネス論しか語られていなかったら。

取引はしないようにしています。

あくまで、相手の、
仕事以外の場、私生活、
人生、そのものを見ることができるか。

そして、その人生観に
違和感がないかを確認しているのです。

というわけで、
いちいち、他人様を疑っていられるほど、
時間を持てあましている暇人の場合は別ですが。

合理的に考え、行動し、
人生の展開をスピーディーにしたい場合は、
Facebookでの信用調査をしてみると良いでしょう。

なお、参考までにお話しすると
私の経験上、
Facebookで私生活をあかしていない人の9割は
いわゆるアレなタイプでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です