ビジネスは性悪説でGo!

私は、ビジネスに際して、
原則、性悪説のスタンスをとっています。

なぜかというと、
原則、相手を信用、信頼して取引がしたいからです。

性善説の考えを持っていると、
どうしても、他者に期待しすぎてしまいますし。

それゆえに、
事業計画にノイズが入りやすくなるのです。

想定外の出来事が起きて・・・。

すると、そのリスクを避けるために、
相手が、性善説にかなうかどうかの信用調査をせざるを得なくなる。

これって、事業展開において
すごく手間ですし、無駄な時間ですよね。

私は、そういう生産性の低いことが好きではないのです。

だからこそ、あらかじめ性悪説のスタンスをとり
相手を無条件で信用、信頼してしまうのです。

それならば、事業計画もまた、
相手が不誠実な行動をとったとしても
大勢に影響が出ないように作りあげることができますよね。

ノイズも少ないですし、
即断即決で動けるので展開も早いわけです。

もちろん、失敗も多いのですが
裏を返せば、ダメな展開や、落とし穴を
早期に発見できる、というわけですからね。

おかげで、今なお、
絶えず進歩と成長をすることができております。

というわけで、性善説という考えは、
一見、人間愛に満ちあふれているような感じではありますが。

一方で、それを貫くために
絶えず人を疑わなければならないという手間があります。

その手間をかける価値があるのかどうか、
昔のように、人手不足の時代ならまだしも。

そうでないならば、やはり合理的ではないと思うのです。
ご参考までに。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です