ダイレクト出版ってもうかってるの?

わりと、オフ会とかで話題になるんですが。
あの会社、もうかってるの?と。

どうなんですかね。

ただまぁ、支払いはいいですし
雑なプロモーションをやっていても
それなりに売れていますからね。

よほど強力な根幹事業があると思います。
それも、我々の目に見えないところに。

まぁダイレクト出版に限った話じゃないですが
目に見えていないところでほど
大きく稼いでいる会社って多いです。

私の会社も、
教材販売や塾ばかりが
見た目派手なんで根幹事業に思われがちですが。

実態としては、
いたって地味なシステムリース業者ですからね(笑)

その売上比率を見たら
もしかしたら、ガッカリするんじゃないかと。

それくらい、教材販売、塾販売って
割合としては小さいんです。

もっとも、だからといって
売上の大きい事業の販促を
大々的に展開すればいいかというと。

決して、そういうわけでもないんですよね。

あと、売上が小さい事業だからといって
積極的な販促を辞めてしまうと
これまた、いろいろとよろしくないわけでして。

この辺の感覚は、
ある程度、多角化してくると
実感させられる機会が増えるんじゃないでしょうか。

そんなわけで、
販促という一面だけではなく
多角的に稼いでいる会社を見てみると
勝ち組産業がわかるんじゃないかと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です