このデータ、違いませんか?

この前、新規サービスのランディング企画のため
インターネット白書を見ていたのですが・・・。

ちょっと古いデータで、
2015年のものなのですが。

「Google+利用率 26.3%」

ちなみにこれ、全体の数字です。

20~40台に関しては
おおむね30%超え、という・・・。

うーん、どう思われますか。

個人的な感覚としては、
利用率は5%に満たないと思うのですが。

他のソーシャルメディアと比較すると

LINE 60%

Facebook 32%

Twitter 26%

mixi 7%

Mobage 7%

GREE 5%

YouTube 67%

ニコニコ 19%

Instagram 14%

※小数点以下四捨五入

あくまで、3年前のデータなので、
それなりに変動はありそうですけどね。

ただまぁ、当時のTwitterの普及率と
ほぼ同数、というのは違和感があるな、と。

これ、他のソーシャルメディアの場合は
実際の利用率で。

Google+だけ、
アカウントの有無で回答しているんじゃないか、と。

そんな印象すらあります。

もっとも、世間の方々は、
Google+を使い倒していて。

私の実感値が、
世間と大幅にずれているのかもしれませんが。

それでも、自分と同じような属性を相手にするならば、
データよりも、自分の実感値を信頼した方が、
合理的なアプローチが出来るわけでして。

つまりが、データとは
正しく付き合わないと危険だな、と。

あらためて、思った次第です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です