Kindle出版に関する質問とそれに関する回答その2

さてさて。

今日は、質問総集編その2です。
サクサクいきましょう!

Q.
毎日コンスタントに本を出した方が良いですか。
それとも、一定期間にまとめて出した方が良いですか。

A.
どちらでもいいと思います。
ただ、出し惜しみするメリットや、
そうせざるを得ない事情があるなら、
一気にドババーーッと出す必要もないでしょうが。

Q.
以前、引用はNGとおっしゃっていましたが、
出版社や、著作者の許可を取ってもダメですか。

A.
いや、出版社や著作者さんがOKなら
ぜんぜん問題ないと思いますよ。
ただ、その許可が下りるまで
何通もの面倒な書類のやりとりをして
半年近い時間が掛かるのですが・・・。
果たして、そこまでやるだけの価値はありますか。

少なくとも、その価値があったとしても
並行して他の本も書いた方が良さそうですね。

Q.
AmazonのKindleだけやっていれば
それでOKとおっしゃっていましたが
Kindleが撤退してしまった場合はどうなるのでしょう。

A.
他のナンバーワンだけをおさえて
あらためて、登録しなおせばいいんじゃないでしょうか。
ただまぁAmazonがつぶれるとか
Kindleが撤退するというのは現実的な話ではないと思いますが。

Q.
紙の本と比べると、
やっぱり電子書籍は格落ち感があると思います。
そして、電子書籍を出すことで
紙の出版が遠のくというウワサも聞きました。
関口さんはどうお考えですか。

A.
格下かどうかといわれると、
確かに電子書籍は格下、と考えている人は
今だ、一定数いる印象です。
一方、逆ってあまりいないですよね。

ただ、電子書籍すら出したことのない新人に、
出版社が出版オファーを出す方が
不自然だと思いませんか。

あと、出版が遠のくというウワサ
私も聴いたことがあります。
が、その情報の出所は、
紙の本の出版塾の塾長でした。
というわけで、あとは何も言うことはないでしょう。

Q.
タイトルの表現の自由の話を伺いましたが、
著者名を有名人になりすますのも、
表現の自由として成立するのでしょうか。

A.
表現の自由としてはセーフでしょうが、
著者ページの問題があるので、
なりすましてもバレますし、
せいぜい同姓同名くらいにしか思われません。

あと、悪意あるなりすましの場合は
名誉毀損、信用毀損で訴えられる場合もあります。

なので、あまり妙なことは考えず、
普通に本を出した方が良いですよ。

Q.
ちょっと前に流行った自己啓発本のように
30の法則、50の秘密といった具合に、
ショートコラム総集編的な本はダメでしょうか。
1万文字の長文は厳しいですが、
400文字程度の文章を大量にならイケそうです。

A.
それならば、自分の書けるように書いた方が良いです。

ただ、30の原則、50の秘密となると、
通常の1万文字よりも全体量は多くなります。
また、ネタ切れのリスクも高いです。

以上を踏まえて、無理のないように頑張ってください。

Q.
サッカーが好きで、ひいきにしているチームがあります。
その魅力を伝える本を書きたいのですが、
チームに許可を取る必要がありますよね。
なんとかOKしてもらえる方法を教えてください。

A.
いや、これ、自由にできますよ。
ただ、写真とかロゴとかは勝手に掲載できないですけどね。

ちなみに、海外著名人の名言集を出している
有名著者のKさんは全部、無許可でやっています。
バレていないようですね(笑)

Q.
これまで書いたブログ記事やメルマガ記事があります。
これらを総集編として販売するのはアリですか?

A.
個人的にはおすすめしませんが、
リソースの再利用にこだわりたいならどうぞ。

ただ、やはり「総集編」って
いかにも電子書籍っぽくって安っぽいんですよね。

あと、過去記事の総集編って
細かいリライトが必要だったりするので
その編集の手間を掛けるくらいなら
書き下ろした方が早くていいと思います。

Q.
関口さんの本の巻末を見ると
著者情報と共にLINE@の登録リンクがあります。
あれは、何の目的なのでしょうか。

A.
私にファンレターを送っていただくためです。
結構来ますよ。
あと、そういうきっかけから
ファン交流イベントができるので
その後のビジネス展開が広がったりもします。

逆に、いかにもなリスト取りは
嫌悪感をいだかれるばかりなので推奨しません。
それで取れるのって、
別に本じゃなくても取れる人たちですしね。

Q.
関口さんは、名前も顔も出していますが
その上で誹謗中傷も浴びています。
どうして平気でいられるのでしょうか。

A.
事実ではないから、です。
あと、他人の評価が自分の価値を決めるわけでもないので。

あなただって、
「お前は土星人だ、地球から出ていけ!」
なんていわれても、
ポカーンとするだけですよね。

でもって、そう言われたからといって
あなたが地球人ではなく土星人になるわけでもなく。

つまりが、そういうことです。

Q.
本のカバーを作りたいのですが、
どうやって作ればいいですか。

A.
デザイナーさんに頼めばいいんじゃないでしょうか。
それほど難しい話ではありません。

以上です。

他にも、ちょこちょこあるんですが、
共有するほどのものでもないので省略します!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です