夢の印税生活はファンタジー

世間一般にも、出版不況が知れ渡っている今日、
さすがに、この手の景気の良い話で売り込みをする出版塾は
だいぶ少なくなってきましたが・・・。
 
それでもいまだに、
「本を出せば印税収入でガッポリ!」
とか
「本を出せば不労所得が手に入ります!」
などといっている出版塾の主催者や、出版関係者がいるのには驚かされます。
 
しかし、結論から言うと、そんな話は大ウソです。
 
確かに、メディアミックス展開が期待できる
一部の売れっ子作家、それも小説や漫画といった
特定ジャンルの著者は例外ですが。
 
それらをのぞいては、
まず大半が満足に稼ぐことはできません。
 
とりわけ、我々が書くことになるビジネス書や、
自己啓発書の場合は、
専業では生活が成り立たないレベルの収入しかえられません。
 
したがって、本を書くにあたって、
著者になるにあたって、
一念発起して、勤めている会社を辞めて自分を追い込む、
背水の陣を敷くといったことは絶対にやめましょう。
 
これは、紙の本のみならず、
制作コストがまったくといっていいほど掛からない
電子書籍でも同様です。
 
そういう産業であると理解した上で取り組む必要があるのです。
 
 
もっと詳しい話をしりたいならこちら。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です