Facebookとコピーライティング

コピーライティングの上手い人は、
感覚でわかっていることなのですが。

Facebookで日常的に発信をしている人は、
コピーライティングがめちゃくちゃ上手いです。

誤解のないように言っておくと、
Facebookで精神論を語ることが、
コピーライティングのトレーニングになるわけではありません。

もっというと、
Facebookでの発信自体に、
コピーライティングへの影響はありません。

じゃあ、何が関係しているのか、というと。

基本的にFacebookって
ハレの情報を発信する場じゃないですか。

まぁ、中には、かまってちゃんオーラ全開の
メンヘ○日記を書いている奴もいますけどね。

そういうのは、さておき。

基本的には、ハレの情報だけを書くのが
Facebookの不文律になっているわけです。

で・・・

やっぱり、そういう発信を日常的にしている人って
コピーライティングにおいても
明るく、楽しい気持ちにさせる文章力があるんです。

未来への期待をいだかせる、みたいな。

あとまぁ、実際に、
人生が充実している人の持つ
言葉のパワーみたいなものがみなぎっているんです。

ほら、よくいるじゃないですか。
実際は稼げていないクセに、
稼げているふりをして教材とか塾を売る奴ら。

奴らって例外なく
Facebookとかで、
ハレの情報を発信していることってないんですよね。

やっぱり、ほら、その辺に実態がないから(笑)

もちろん、こういうことを言うと、
奴らはこんな反論をします。

「ゴージャスな生活が日常だから、 
 あえてそれを発信する必要性を感じない」

「Facebookでリア充アピールなんて
 本当に充実している人なら、やらない」

ふーん(笑)

まぁ、隠す自由はありますからね。

ただ、大々的に「稼いでいます!」なんて
税務署を恐れない発信をしておきながら
具体的なプライベートのハレを隠すって
不自然だなーって思いますけどね。

ともあれ、Facebookでの発信って、
手帳術の良いことメモじゃないですが、
ポジティブコミュニケーションの習慣になるんでおすすめです。

あ、手帳術ってこれのことです。

ずいぶん前の動画ですが、
いまだに色あせぬ、成功の秘訣が語られています!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です