電子書籍で200万円稼いだ人の話

この前のメールで
「電子書籍単体で稼ぐのは無理!」
という話をしました。

が、その一方で、
「200万稼いだ人もいるけれど・・・」
の話を掘り下げるのを忘れていました。

やっぱ、出張中のメールって
どこか、とっ散らかるところがありますね。

ビシッとしたメールを書くなら、
やっぱりオフィスが一番!だと思います。

さてさて。

というわけで、今日は、
その200万円稼いだ~のお話からしていこうと思います。

まず、電子書籍で
月に200万円稼ぐのは可能か?

可能です。
マンガなら余裕です。

ただ、マンガなんて
誰でもすぐに書けるものではありません。

また、電子書籍出版塾の広告の人たちは
とてもじゃないですが、漫画家には見えませんよね。

じゃあ、彼らは、
一体、どうやって月に200万円もの印税を稼いだのか。

答えは簡単です。

本来、教材やら、塾やら、コンサルで売るべきものを
あえて電子書籍の形にして
既存のお客さんに向けて販売したから、です。

要は、本当ならば10倍、
場合によっては100倍の価格で売れるものを、
印税実績を作るために、
あえて電子書籍で販売した、というわけです。

これにより、電子書籍塾に参加する人が増えれば、
その参加費で稼ぐことができますからね。

そうなのです。

実は、電子書籍だから200万円稼げたのではありません。

本当ならば、2000万円稼げたところを
あえて電子書籍の形式にすることで
わざと、損をしているのです。

いうまでもなく、新たなカモを捕まえるべく、です。

実際、あんな話を聞かされると
「自分も電子書籍を出してみようかな」
って考える人、多そうでしょう。

でもって、これは、
私も、そして、あなたもあてはまることなんですが。

本を出したいって考える人は、
選民意識が強いんです。

要は、自分は凄い人間だ、と考える度合いが
普通の人よりも強烈なのです。

だからこそ、
「他の人ができたなら自分にもできるだろう」

凄いのになると
「あいつが200万円なら、オレなら2000万円だな」

そんなわけで、
コマーシャルバリューを作るために、
あえて電子書籍でノウハウ・ハウツーを売ったからこそ
月に200万円の印税が得られたわけです。

というわけで、
事実として証拠を提示されたとしても、
しっかりと、その裏まで見ないと痛い目をみます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です