貪欲さと品格

今から20年近く前の話ですが。
セブンイレブンで夜勤をしていました。

で、、、

深夜のお仕事の1つに、
食品の廃棄処分というのがあるんですね。

一般的にお弁当の類は、
そのままゴミ袋に入れて捨てるのですが。

おでんや肉まんなどについては
食べてしまっても良いというルールがありました。

他のお店はわかりませんが、
少なくとも、私の勤めていたお店ではそうでした。

ただ、そんなにしょっちゅう食べていても飽きるでしょう。

なので、店長の許可を取った上で、
常連さんへのサービスにしていました。

もちろん、いきなり肉まんを無料プレゼントしていたら
買い控えになるんでNGですけどね。

常連さんがあんまんを買ったら、
肉まんが期限切れが近いので無料でどうですか?
みたいな聞き方をしていました。

そして、ある日、事件は起きました。

明らかな一見客が、その様子を見て、
ピザまんを注文してきたんですね。

ともあれ、常連への特別対応だったので
スルーをしたのですが。

「あれ、俺には無料でくれないの」
と、聞いてきたのです。

気持ちはわからなくもないですし、
理屈もわかるのですが。

正直、その厚かましさにはウンザリしましたし
こういうことを平然と言える人間がいることに
心底驚きました。

ともあれ、その手の悪しき前例を作ると
際限なく粘着してくる恐れがありますからね。

「廃棄処分予定のものは
 先ほどのが最後でしたので・・・」
と、適当にあしらいました。

今でも、その時の、
がめつい客の得意げな聞き方と、
断ったあとの憮然とした表情をよく覚えています(笑)

まぁ何が言いたいのかといえば、
貪欲であることで
得られるものも多いと思いますが・・・。

一方で、品格も大事だよな、ということです。

この手の、いわゆる乞食マインドの人って、
関わり合ってもろくなことがありません。

施すことで、要求はエスカレートしますし、
いずれその要求を拒んだときに、
一方的に逆恨みをしてきますからね。

ほら、知り合いにお金を貸すと、
際限なくお金を無心された上に、
断ると逆上してSATSUGAIされるなんて事件
よくあるじゃないですか。

程度の差こそあれ、
本質は、それに近いものがあると思います。

なので、商売をする場合は、
カムカムエブリバディじゃなくって。

やっぱり、品格で絞り込みをするべきだと。

でもって、この品格って、
一朝一夕ではどうなるものでもない。

というか、お金持ちになれば、成功者になれば、
それが備わるというわけでもないんですよね。

実際、下品なお金の使い方をしている成金、
世の中にはいっぱいいるでしょう。

というわけで、もはやその性質は一生もの。
だからこそ、
いつかは取引関係を築けるなんて思わず
最初から最後まで
徹底して排除するべきなのです。

というわけで、
ステップメールで
あなたの商品を自動的に売り続けるとはいいましたが。

当然、この手の乞食マインドの人たちは
排除するべきなのです。

具体的にどうすればよいか。

昔のセミナーでお話ししたので、
この機会に、ご覧いただければと思います。

だいぶ前のセミナーではありますが、
その本質は今なお生きています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です