著者コミュニティについて

こんなメールをいただきました。

> 私も、関口さんの著者コミュニティに入りたいです。
> どこで開催されているのか教えてください。

ともあれ、回答を共有すべきだと思ったので
今日は、これで1本書きます。

シンプルでわかりやすい質問ですが、
ご自身の現状を書いていただかないことには
私も答えようがないですよね。

ともあれ、私の著者コミュニティは、
著者の方しか参加することができません。

著者になりたい人のコミュニティではないので。

タイミング的に、
私が著者コミュニティの参加者さんに
出版オファーを譲った話をしたあとですからね。

著者になりたい人が
参加すれば自分も・・・と
誤解なさったのかもしれません。

期待させてしまって申し訳ないな、
と思うと同時に。

こうやって、乗ってきちゃう人を見るたびに
インチキ出版塾も安泰だな、と思う次第です。

それはさておき。

今回共有すべきかな、と思ったのは
今一度、出版の流れについて
共有した方がいいかな、と思ったからです。

以前も言いましたが、
出版塾に参加しても本は出せません。
100人に1人とかの割合です。

でもって、そこから出版にこぎ着けても
プロモーションコストが100万円掛かります。

つまりが、出版塾代と合わせて
運が良ければ300万円で花火が打ち上げられる。
そういうものだと認識しておきましょう。

で、著者コミュニティに参加すれば
その出版塾参加費用みたいなものを払わず
100万円だけで
花火を打ち上げられると誤解したのかもしれませんが。

そういう、
少しでもお金を使うまいとする姿勢こそが、
悪徳商法に引っかかるほころびなので
くれぐれも注意した方が良いと思いました。

斎藤一人さんもいってますよね。

結局、セコい人って一番損をするんです。

安くすませよう、無料ですませよう、
そうやって考える人の行動、価値観って
わかりやすくて操りやすいんです。

あと、そういうつもりはなくて
純粋に著者コミュニティに入りたい!という場合は。

まずは本を1冊出してください。

それと、誤解している方も多そうなので。
私の著者コミュニティは有料です。

年会費は10万円です。

そのサービス内容、共有される情報を考えれば
破格ともいうべき安さなのですが。

たぶん、著者ではない人には、
それが理解できないと思うんです。

だから、大々的には募集をしていません。
価値のわからない人間に
金額だけをみてとやかく言われるのは不本意ですし。

私のように、
マジメに、誠実に商売をしている人が批判されると
そのコントラストを利用して
詐欺を働こうとする不届き者も出そうですからね。

ともあれ、誤解を与えかねないこと、
さらには変に期待させてしまうことを懸念して、
今後は、著者コミュニティの話は自粛します。

ゼロにするつもりはないですけどね。

下手に存在だけを知っても、
そこに入れないのでは意味がないですもんね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です