自意識過剰

コピーライティングレボリューションに関する質問に関して、
私が、いつも、返したくなるのがこの言葉です。

「自意識過剰」

ええ、ほんと、そういう人、多いです。

まぁ人間は、社会的な動物ですから、
他者との関わり合い無くして生きていくことは出来ません。

それゆえに、
周りから排除されるような行動に関して
潜在的な恐怖心を覚えるような本能があるのは事実です。

ただまー、それが過剰な人って多いんですよ。

あと、そういう人に限って
人の目を気にしない、ということを
はき違えている感があるんです。

どういうことか、というと。

人の目を気にしないことと、
人の迷惑を顧みないことって、まったく違うわけですね。

人の目を気にせずに
思い切った行動をとって成功する人でも、
人の迷惑とかはちゃんと考えている訳です。

だから、スパムメールをばらまいたりしないし、
コメントツールで、
Facebookに挨拶コメントを書いて回ることもない。

どれだけ、ダイナミックで、
人と違う行動をとったとしても、
その辺は、絶対に外さないんです。

ただ、その辺がわかっていない人って
やっぱり、一線を越えるというか、
踏み外すんですね。

だから、得てして、
人の目を気にして行動できない人ほど、
背に腹は代えられないような状況に陥ったとき
人の目を気にしない行動ではなく、
人の迷惑を顧みない行動をとることが多いんです。

まぁ行くところまでいっちゃう奴の場合、
法の一線を越えたりもするわけですよ。

とにもかくにも。

ビジネスをする上で大切なのは、
人の目を気にしない大胆な行動をとる勇気もありますが、
その一方で、
他人様に迷惑をかけない最大限の配慮もあると思います。

どうも、世の中を見ると、
人の目を気にして小さくまとまっているくせに
いざ行動を起こすと迷惑をかけまくるような、
どっちもダメな人の数が多い気がします。

でもって、先の相談者の人たちを見ても、
周りにどう見られるか、
ビビって腰のひけたコピーを書いていることが多いんですが。

もっと大事なことは他にあるだろう、と思うんですけどね。

うわべを気にする人には、
なかなか、そういうのって伝わらないんでしょうね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です