自動販売機ビジネスの落とし穴とは

これからのメルマガは
ステップメールで展開するべきだ!

そんなお話をしましたが。

それだけでは、
残念ながら思うように稼ぐことはできません。

そこで何を売るか、
これをしっかり考えなければならないからです。

いくら自動販売機を設置するといっても・・・

年間平均気温が30度にもなるような熱帯地域に
あたたかいコーンポタージュだけを取り扱う
単品セールスの自動販売機を置いても売れませんよね。

設置する場に適した商品を取り扱う、
ここまで徹底しなければ、
自動販売機の意味がないのです。

では、インターネット上の自動販売機、
ステップメールでは、
どういった商品を取り扱うべきでしょうか。

まず、自動販売機で考えるべきは
賞味期限です。

「賞味期限???」

はい。

どういうことかというと。

たとえば、あなたが
気合いを入れてステップメールを完成させたとして。

そこで、セールスする商品が、
販売終了になっていたらどうでしょうか。

そのステップメールは
完全に無駄になりますよね。

そのため、都度、手直しが必要となり
自動販売でも何でもなくなります。

それこそ、あまりに手直しが多いようであれば
毎日普通にメルマガを書いた方が
手間も負担も少なくてすむ、なんてことすらありそうです。

だからこそ、ステップメールでは
絶対に販売終了にならない商品だけを
取り扱うようにするべきなのです。

しかし、ここで1つ、
疑問がわくのではないでしょうか。

「絶対に販売終了にならない商品なんてあるの?」

先のくだりのところで、
ロングセラーの定番商品や、
最初に購入されることの多いエントリー商品を、
イメージしたかもしれません。

確かに、それらの商品は、
今後も、販売を継続される可能性は高いでしょう。

ただ、それでも
ステップメールで販売展開する上で、
2つの致命的な弱点を抱えているんです。

1.すでに購入している人が多い
2.同業や競合も取り扱っている場合が多い

そうなのです。

ロングセラーゆえに、定番ゆえに、
すでに購入している人が多いのです。

さんざん、引っ張った上で、
セールスされた商品が
すでに持っているものだった場合、
あなたは、どんな印象を受けますか。

ちょっとガッカリしますよね。
そして、一連のメルマガの内容が
どこか、陳腐に感じてしまうかもしれません。

あと、同業や競合が扱っている場合は、
あなたから購入する必然性がありませんよね。

それこそ、特典や割引などの要素で
最もお得なところで購入しようとするはずです。

したがって、あなたが、その部分で
同業や競合を出し抜ければ話は別ですが。

得てして、その手の競争って
際限なく展開されるものですからね。

ステップメールの
都度の手直しが必要になる上に、
どんどん利益が削られるという点で
やはり、うまみがないのです。

そして、この2つの
致命的な弱点に加えて
極めつけとなるのが・・・。

どんな商品でも、
やはり、いつかは販売終了の日が来る、
ということなのです。

したがって、あなたの関与できないところで
自動販売の仕組みが崩壊しうる、と。

以上のことを踏まえ、
あなたが取り扱うべき商品とは
一体、何になるでしょうか。

ヒントを出しておきますね。

「その商品は、絶対に販売終了になりません」

では、明日をお楽しみに!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です