脱パソナの法則のすすめ

コピーライティングレボリューションで
具体的に掘り下げた話をしたんですが。

パソナの法則、あるじゃないですか。

あれ、理論自体は素晴らしいんですが、
あくまで、書けない人のためのフレームワークに過ぎません。

最高をもたらすものではなく、
ノーマル未満の、
バッド、ワース、ワーストを
ノーマルに引き上げるものでしかないのです。

この辺を誤解していると、
パソナの法則をマスターしたからもう安心♪
って勘違いして
プロのコピーライティングをマスターした競合に
ボコボコにされるので注意が必要ですね。

ともあれ、パソナの法則や、
AIDMA理論がウケたのって、
結局は、その程度のセールススクリプトすら書けない
ボンクラセールスマンだらけだったから、
という時代背景があります。

今はほら、
本屋さんに行けば、セールスノウハウの本なんて
それこそ、山のようにあるわけですし。

地球の裏側の成功事例も
即日、世界中に共有される時代です。

ゆえに、よほど不勉強な怠け者でもない限りは
その手の理論にすがる必要なんてないんですよね。

というわけで、
いまだに、ASPに登録される教材のセールスサイトを見ると
先の理論に従ったセールスレターが多いんですが。

いやはや、いい加減、
ちゃんと勉強して、向上しましょうよ、と思う次第です。

あと、ぶっちゃけると、
あんなショボいサイトだらけだと、
アフィリエイトで売るのが大変なんですよ。

アクセスを無駄にされまくるようなサイトって
ほんと、作成者をSATSUGAIしたくなりますもん(笑)

なのでまー、
先の法則を神格視している人って多いんですが。

断じて、そういう性質のものではないので
カン違いのないよう、ご注意ください。

ともあれ、だからといって、
神田昌典先生の偉大さがどうなるというわけではありません。

この辺をはき違えて、
神田昌典先生に失礼な態度をとるバカは
さすがに、この読者さんの中にはいないと信じていますけどね。

でも、いるんですよ、世の中には、
新たな理論が時代を塗り替えると
その前の王道を提唱した人を
いきなり見下しはじめる頭のおかしいクソ野郎が。

お里が知れるなーと思いつつも、
それが、そいつの本質なんでしょうね。

極力、関わらずに生きていきたいものです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です