研磨本を新品として販売するのは企業モラルとしてどうなのか

この前のAmazonの話、
思った以上に反響がありましたね。

ともあれ、Amazonなんか
しょせんはそんなものだと割り切って
あまりマジになって付き合わないことです。

ちなみに、出版業界絡みでも
Amazonの位置づけって変わってきているんですよ。

かつては、オンライン販売の柱として
期待している出版社が多かったんですが。

実は、案外、販売力がないことがバレたので、
最近は、在庫処分場あつかいです。

どういうことかというと。

本って、一定期間売れないと
出版社に戻ってきますよね。

でも、一度店頭に並んだ本は
立ち読みなどで汚れていたりするんです。

それを、やすりを掛けてきれいにするんです。

ただ、そのやすりを掛けた本、
いわゆる研磨本と呼ばれる本は、
やっぱり手触りが悪いんで、
再度書店に並べても売れ行きがかんばしくないんです。

そこで、Amazonの出番です。

Amazonで販売している本は、
実際に手にとって買うわけじゃないですよね。

だから、研磨本を納品しても
それが在庫になって戻ってくることって
まず、ほとんどありえないんです。

だから、出版社は、
研磨本になってしまったら、
それをAmazonに押しつけるわけです。

でもって、Amazonで購入した人は、
手触りが悪くて読みづらい研磨本を押しつけられる、と。

もちろん、出版社の人間にしてみれば
「本は内容を売っているものだから・・・」
だそうで、
研磨本で手触りが悪かろうが、読みづらかろうが
関係ないだろう、とのことですが。

個人的には、不誠実な商売だよな、と思います。

いずれにせよ、そんな感じで、
持ちつ持たれつでやっているのが
出版業界と、Amazonの関係です。

というわけで、Amazonは
確かに不誠実でムカつく会社ではありますが。

それ相応の利用価値もあるので、
そこだけみて付き合うと良いのではないでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です