気持ちの悪いLINE

いまだにFacebookを見ると
プロフィール欄で
LINE@への登録をうながしている人がいるんですが・・・。

こんな感じの。

投資コミュニティの講師をしています!
詳しくはこちら→@××××

うん。

ひどいですね(笑)

ともあれ、この手の人たちの中にも
有意義な発信をしている人が
もしかしたら、いるかもしれない・・・。

そう考えて、
いくつか、暇つぶしがてら登録したことがあります。

しかし、ダメダメですね。

というか、これ、
稼げない人、全員に共通するんですが。

LINEの文面がキモいんですよ。

長いとか、くどいとか、
そう言うんじゃなくって。

生理的な嫌悪感を覚えるんです。

ブログでも、メルマガでも、
Twitterでも、その手の文章を書く人、いますけどね。

具体的に、どんな感じかというと、
本音を隠しているというか、なんというか。

本当はムラムラしているくせに、
合コンとかで妙にスカしてフェミニスト気取っている
クソみたいな奴っているでしょう。

まさに、あれみたいな感じ。
逆に、そのムッツリ具合がキモいよ、って感じです。

ともあれ、なにがいいたいのかと言えば。

ライティングのテクニックを研けば研くほど
あるいは、発信頻度を増やせば増やすほど
ダメな人間性を露呈する機会が増える、というわけです。

拒絶を恐れる気持ちを、
遠回しに語るスキルでカバーできちゃうんで。

ただまぁそれをやっても
前述の通り、キモいだけなんですけどね(笑)

いずれにせよ、
あらゆる発信の根底にあるのは
優れた人間性であるということを
よーーーく覚えておきましょう。

ちなみに、私が販売している
コピーライティングレボリューション、あるじゃないですか。

これって、人間性の腐った奴が
絶対に購入しないようになっています。

そういう工夫がちゃんとあるんです。

それがどこにあるかが見抜ける人なら、
コピーライティングで億を稼ぐのも余裕でしょうね。

ただまぁ、見抜ける人なんて
たぶん、日本に数えるほどしかいないでしょうが。

いずれにせよ、そのおかげで?
好ましくない人たちを効率的に除外できています。

ダメな人の行動ってワンパターンなんですよ・・・。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です