最近、書店で気づいたこと、ありますよね?

最近、本屋さんで、
ちょっとした変化が起きていますよね。

そう、なぜだかわかりませんが、
コピーライティング本が出まくっているんです。

これ、なんでなんでしょうね・・・。

ブームと呼ぶには、
なぜこのジャンルで・・・って思いますし。

ともあれ、たとえ書店で
コピーライティング本がブームになったとしても。

コピーライティング教材が売れることもなければ、
コピーライティング塾が活況になるわけでもなく。

つくづく、世間の認識と、実態は
かけ離れているな、と思う次第です。

ほんと、コピーライターという仕事を
良くも悪くも一般的にした糸井重里さんの影響って
計り知れないな、と思いますね。

いまだに、宣伝会議の
しょーもないコピー本が売れているのって
糸井重里さんに憧れている人たちですもんね、きっと。

ともあれ、これだけコピーライティング本が出まくっていると、
私の所にも出版オファーが来たりして?
って思ったりもしたんですが。

やっぱり、大衆的な認識と、実態が大きく違うように、
そして、私はいうまでもなく
本質を語る派ですからね。

ぜんぜん、来ないです、そんな話(笑)

ただまぁ、Kindleで出しているコピーライティング本は、
ブームのおかげで?ちょこちょこ売れていますね。

これは、ちょっと嬉しいし、ありがたい。

でも、ペンネームで出している方は、
本質を理解できない、
昨今のブームでインチキコピーライティング理論を学んだとおぼしきボンクラに
しょーもないネガティブレビュー書かれています(笑)

うん、ほんと、
誰でも気軽に発信できちゃう、
偉そうなレビューが出来ちゃう今って、
良し悪しだなーって思いますね。

ぶっちゃけ、本質のわからない人間による
良いものと、悪いものの誤認レビューって
時に、サギの片棒を担ぐことにもなりますからね。

まぁ、それに感化されるような
情報弱者の人たちには良い薬なのかもしれませんが。

それにしても、このブーム、
一体、いつまで続くんでしょうね。

Kindle本がちょこちょこ売れるだけの、
特需とはいいがたい微妙な盛り上がりなので、
何ともいえない心地悪さを感じている今日この頃です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です