新着教材のお知らせ

いかにもな、セールスメールですが。

タイトルギミックが一般化した昨今では
こういった、シンプルに用件を伝えるメールの方が
反応がよかったりします。

あくまで、目立つ方法というのは相対的なものですので
これが一般化すると、
また、ギミックが勢力を盛り返すと思いますけどね。

いずれにせよ、
同業や競合のメールに
全て目を通す必要はありませんが。

少なくとも、
タイトルの方向性については、
定期的に確認をしておいた方がよいでしょうね。

そして、当然、
メールのタイトルに関しての注意ならば、
セールスレターのヘッドラインに関しても、
同様のことが言えます。

最近だと、強烈なオファーを前面に、というのは
完全に効果が落ちてきていますよね。

この理由って、
無料オプトが乱発されていることが
背景にあるわけですが。

いずれにせよ、こういった比較対象の取り組みに
無知でいるのは感心できませんね。

コピーの内容も大切なのですが、
結局、読んでもらえないことには始まりませんから。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です