文章に関するとてもまじめなお話しです

今日は、文章に関して
超まじめな話をしようかなーと思います。

私の文章は
メルマガもセールスレターも、
書籍も、教材も、
ぜんぶ、話し言葉になっています。

それも、だいぶくだけた感じの。

これって、なんでか、というと
コミュニケーションを円滑にするためなんですよ。

読み手にとってストレスがなく、
書く方にしても自然体で
伝えることに専念できるんで。

もちろん、表層部しか見えない知性に欠ける残念な人たちは、
こういうことを言います。

「企業の社長が
 こんな程度の低い文章を書くなんて」

まぁ、その手の知性に欠ける残念な人たちの大半は
社会のなんたるかを知らないニートか、
会社勤めをしていても
雇用者保護の法律ゆえにしぶしぶ雇われているような
役立たずの不良社員であることが大半なのですが・・・。

ともあれ文章なんてものは
コミュニケーションの道具でしかないんですよ。

要は、意思疎通をするためのもの。
だから、伝わるってことが大事なの。

まぁ表層部であーだこーだいう知性に欠ける残念な人たちには
一生縁のない世界の話ですが。

そもそも、上の世界の人間は、
形式的なビジネスマナーなんて気にしないんです。

当然、その言葉使いについても
細かいことを言う人はいないです。

むしろ、あらたまった言葉を使う相手の方が
裏にイチモツ抱えてそうで警戒されますよ。

彼らが気にするのは、不敬とかですね。

やっぱり、表層的な部分で取り繕っていても
本質的な部分は隠せないんですよ。

なのでまぁ、
情報発信にしろ、コピーにしろ、
大切なのは表層的な文章の丁寧さじゃないんです。

人間としての本質的な部分の高潔さ、ですね。

やっぱり、それがない人間は
情報発信で影響力を発揮することは難しいでしょう。

せいぜい、誰かの悪口を書いて
それに共感する程度の低い人間同士で群れるのみです。

その先に、ビジネス的な成功が待っていないことは、
その手の知性に欠ける残念な人たち以外
誰もがわかっていることですよね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です