才能を封印せよ!

今さら謙遜しても仕方ないので、
話をわかりやすくするためにぶっちゃけますが。

私は、文章を書く天才です。

スピード、量、クオリティ、
どれをとっても超一流です。

おそらく、私と同じ能力を手にしたら
文章を書くビジネスで稼ごうと考える人が大半だと思います。

ですが、その発想こそが、
人生の質を低く安定させてしまうので
注意が必要ですね。

確かに、優れた才能は、
それ自体が、ビジネスに使える武器になります。

ただ、だからといって
そのビジネスから得られる利益が
必ずしも大きいとは限らないのです。

ぶっちゃけると、
今、文章を書くビジネスって
大したお金にならないんですよ。

本を出しても、
せいぜい、ヒットしても10万部程度。

印税にすると、
1000万円くらいです。

ここからプロモーションコストを差し引くと
半分くらいは消し飛びますし、
税金だってありますからね。

手取りのお金なんて、
せいぜい200万円程度にしかならないわけです。

これだったら、文章の才能をあてにせずに
普通に会社勤めをした方が、
ぜんぜん、人生のクオリティは上がりそうですよね。

というわけで、
文章の才能に限らず。

人と違った、天才的な能力を持っていても
それがすなわち、
圧倒的な利益を約束するものではありません。

むしろ、その才能への固執が、
本来得られる大きな利益を
自ら放棄する原因になることすらあるのです。

というわけで、
コピーライティング、情報発信、
それらを通じて、
自身のの文章力の高さを実感することがあるかもしれませんが。

果たして、ずっとそれで勝負し続けるのかは、
定期的に見直しを図った方が良いですね。

ちなみに、この本、もう手にしていますか。

コンテンツビジネスの展開方法を
わかりやすく解説しているわけですが。

先の視点を持たずして手にすると
非常に危険なのは、よくご理解いただけたと思います。

文章が上手い、しゃべりが上手い、
でも、その才能にすがることが
自分の人生のスケールを小さくしてしまいかねないのです。

くれぐれもご注意ください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です